新田真剣佑、池内万作、趣里ほか ドラマ席巻の2世タレント

11月18日(月)16時0分 NEWSポストセブン

水谷豊・伊藤蘭夫妻の娘の趣里(写真/時事通信フォト、共同通信社)

写真を拡大

 日本を代表する名俳優たちの「子供たち」が、現在放送中のテレビドラマを席巻している。『同期のサクラ』(日本テレビ系)には千葉真一の息子・新田真剣佑、『チート』(同)には宮本信子と伊丹十三監督の息子・池内万作が出演。


 さらに『グランメゾン東京』(TBS系)には佐藤浩市の息子の寛一郎、『モトカレマニア』(フジテレビ系)には水谷豊・伊藤蘭夫妻の娘・趣里、『ひとりキャンプで食って寝る』(テレビ東京)にも三浦友和・百恵夫妻の息子・三浦貴大がキャスティングされた。


 ちなみに、『ニッポンノワール—刑事Yの反乱—』(日本テレビ系)にはソフトバンク監督・工藤公康の息子・工藤阿須加も出演中。そうとは知らずにドラマを観ていた視聴者も多いのではないだろうか。


「以前は2世タレントといえば、親の存在をフル活用して売り出すのが常だったが、近年は逆に、親の名前を隠すケースが目立つ。これまでと違い、親のファンを取り込もうとするのではなく、2世タレント個人にファンがついている。


 親が誰かということに関係なく、ひとりの俳優、タレントとして応援しているファンが多い」(テレビ局関係者)


 例えば真剣佑のファンのなかには、「千葉ちゃんの息子」という認識はもはやなく、千葉のほうを指して「マッケンのパパ」という若者も多いという。


 2世タレントの“売り出し方”の戦略は、時代とともに大きく変わってきているようだ。


 


※週刊ポスト2019年11月29日号

NEWSポストセブン

「新田真剣佑」をもっと詳しく

「新田真剣佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ