本田翼が映画『鋼の錬金術師』でヒロイン役 「原作マンガより可愛いかも」の声

11月17日(金)23時35分 Techinsight

映画『鋼の錬金術師』ジャパンプレミアでの本田翼

写真を拡大

荒川弘による人気漫画でテレビアニメにもなった『鋼の錬金術師』が実写映画として12月1日より公開される。曽利文彦監督がメガホンをとり主人公のエドワード・エルリック役を山田涼介が務め、弟のアルフォンス・エルリックは水石亜飛夢が声を担当する。

エドとアル兄弟の幼なじみウィンリィ・ロックベルを演じるのが本田翼だ。男性向けファッション・カルチャー雑誌『GQ JAPAN』12月号(10月24日発売)の“It Girl”は「原作より可愛い!?最強のヒロイン、本田翼」をテーマに彼女を取り上げた。撮り下ろしインタビューで「漫画を読むことゲームをすること」が趣味という彼女が『鋼の錬金術師』への熱い思いを語る。

11月15日にTOKYO DOME CITY HALLで行われた映画『鋼の錬金術師』のジャパンプレミアには監督とメインキャストが登壇、その中で本田翼はスパンコールが銀色に輝くトップスに白を基調としたロングスカートという衣装で魅了した。

『GQ JAPAN』ではラフなコーディネートでウィンリィに近い感じを出しており「原作より可愛い!?」と期待が高まる。映画ではどのような演技を見せてくれるか楽しみだ。

http://youtu.be/9NRt4keIZZk

画像2枚目は『GQ JAPAN 2017年11月15日付Instagram「原作マンガより可愛いかもしれない。」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

本田翼をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ