犬山紙子×草野絵美と考える“幸せな働き方”「得意なことだけに集中できる仕組みが必要」

11月18日(月)11時30分 TOKYO FM+

コラムニストの犬山紙子(月曜&火曜担当)と、アプリクリエイターの関口舞(水曜&木曜担当)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「ホメラニアン」。11月11日(月)の「ホメラニアン ホッとフォーラム Supported by 日本財団」のコーナーでは、タレント・アーティストとして幅広く活躍する草野絵美さんをゲストにお迎えしました。


(左から)犬山紙子、草野絵美さん


◆フリーになれるスキルを磨く
犬山:本日の議題は「1億2,000万通りの“働き方改革”」。人がいきいきと働くために、企業や行政は、どのように変わっていく必要があると思いますか?

草野:終身雇用が当たり前の時代に入社された人たちは、そのスキルをベンチャー企業に提供したり。これまでいた場所と、まったく違う環境で働いてみるのはおもしろいかなって思います。

犬山:新たな経験をして、さらにそこで、自分の可能性を知るという。それは、年配の方にとっても、若い人にとっても楽しそう。

草野:誰にでも“フリーランスになれ”とは言いませんが、今の時代、フリーになれるだけのスペシャリティがあったほうが絶対にいい。

犬山:副業もできますしね。

草野:できれば、苦手なことをしないで生きていきたい。私もそうなんですけど。

犬山:私も一緒です。苦手なことができなくてフリーランスになったんですけど。でも、自分が本当に得意なことを、胸を張ってどんどん伸ばせていけたら効率も上がる気がしますね。

草野:私の周りにたまたま、いぬぬ(犬山)みたいな先輩や、好きなことを仕事にしている人がいたので。背中を押されて会社を辞めたっていうのもありますね。会社ごとに“ゲームのルール”のようなものがあって、勝ち上がって行くことばかり考えていると、知らないうちに疲弊していくんじゃないかなって。

あとは、次に働く場所になることもあるので、会社の外で友達や人脈を作ることも大切。その場所に固執し過ぎないことが重要かな。

犬山:なるほど。会社内だけで完結しない。いろんな会社の人と交流を持って、そこで新たに気付くことなどもありますしね。

草野:そう。すごく辛い思いをして、本当はやりたくないことを頑張っている人がいるけど、得意なことだけに集中できるような仕組みが必要なのかなと思いますね。

◆「みんな何かのスペシャリスト」
犬山:誰にでも絶対、得意なこと・優れているものはあると思うんです。みんな何かのスペシャリストだと思うので、それを自分で探し当てられるような環境作りも必要なのかなと思いました。絵美ちゃんにとっての“幸せな働き方”とは?

草野:さっきと繰り返しになっちゃうんですけど、やっぱり得意なことだけをすることかな。あとは、人も大事ですよね。

犬山:人、大事ですね。

草野:一緒に働くメンバーは重要だなって。コミュニケーションって、すごい大きな問題だと思っていて。人間関係で悩んでいる人、けっこう多いんです。“人に頼ってもいいんだよ”という環境を作ることが大切。あとは、自分のスキルを磨いて、いつでも独立できる準備をしておくこと。(スキルがあれば)市場に飛び込んで、いろんな会社の手伝いをして、ちょっとずつ日銭を稼いでいくみたいなスタイルでも働けると思います。

犬山:なので自分を卑下しすぎず、“こんなスキルがありますよ”“こんなことができますよ”と誇りに思ってね。自分のことを、ポジティブに見ていけたらと思いました。

日本財団は11月29日(金)〜12月1日(日)、東京国際フォーラムで「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2019」を開催。詳しくは公式Webサイトをご覧ください!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月19日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ホメラニアン
放送日時:毎週月〜木曜 20:00〜21:30
パーソナリティ:犬山紙子(月、火曜)、関口舞(水、木曜)
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/homeranian

TOKYO FM+

「犬山紙子」をもっと詳しく

「犬山紙子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ