「ハリー・ポッター」マルフォイ役トム・フェルトン、スクリーン上での「ハリー・ポッター」メンバーの再集結は実現しないと断言!? 「やるべきことはもう全て終えたから…」

11月18日(月)17時39分 tvgroove

トム・フェルトン

人気映画「ハリー・ポッター」シリーズのドラコ・マルフォイ役で知られる俳優のトム・フェルトンが、スクリーン上で「ハリー・ポッター」メンバーの再集結はもう実現しないだろうと発言し、ファンたちはショックを受けているようだ。

「ハリー・ポッター」は、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説で、2001年に映画化。計8作が作られ世界的に大ヒットを飛ばした。また現在、物語の続編となる「ハリー・ポッターと呪いの子」が舞台で上演されており、映画化のウワサも浮上しているのだ。

「ハリー・ポッターと呪いの子」は、ヴォルデモートが死んでから19年後に、彼に殺されてしまったセドリック・ディゴリーを救うため、ハリー・ポッターとドラコ・マルフォイの息子たちが逆転時計で、過去を変えようとするという物語であり、映画化するとなると、またハリーやマルフォイたちが再集結するのではないかとファンたちは盛り上がっている。

先日「Red Carpet News TV」が、ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトンに直接インタビュー。オリジナル・メンバーの再集結はあるか聞くとトムは「正直言って、またオリジナル・メンバーが演じることはないかな」と、再集結の可能性はあまりないとコメント。

さらにトムは「映画はすばらしい8作で、やるべきことは全て完了したんだ。彼らはそれぞれ自分たちの向かう方向に進んでいくだろうけど、ぼくたちが作品の一部分であることはとても誇りに思っています」と明かした。

また2016年から公開されている「ハリー・ポッター」のスピンオフ作品である「ファンタスティック・ビースト」シリーズもヒットを飛ばしており、こちらにもオリジナル・メンバーは登場することなく物語が進んでいるので、「ハリー・ポッター」のオリジナル・キャストたちは、自分たちが出演するのは過去8作で終わりだと感じているのかもしれない。

tvgroove

「トム・フェルトン」をもっと詳しく

「トム・フェルトン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ