はんにゃ・川島の妻、娘とのやりとりを明かす「素直じゃないところがまた可愛い」

11月19日(火)19時30分 AbemaTIMES

 お笑いコンビ・はんにゃ川島章良の妻・川島菜月さんが18日に更新した自身のアメブロで、娘・きあちゃんの“素直じゃない”エピソードを紹介した。

川島菜月公式ブログよりスクリーンショット

 この日、菜月さんはきあちゃんから読み聞かせをせがまれたことを説明。そのため、きあちゃんが持ってきたという絵本『ちょっとだけ』(福音館書店)を読み聞かせたといい、その内容について「主人公は弟が産まれお姉さんになった女の子。お母さんは弟のお世話で忙しそうにしているので自分でいろんなことに挑戦し成長していくという物語です。でも最後の最後で眠くなった時だけお母さんに甘えたくなるという母と子のなかなか切ないお話し」(原文ママ)と説明した。

 現在、第2子男児を妊娠中の菜月さんは「読み終わった時…二人目が産まれたらこうやって我慢させてしまうこと増えるのかなーとジーーーーンときてしまった」と明かし、「きあちゃんはかなり我慢強い?素直じゃない?性格をしているので心配。やっぱり全て平等というわけにはいかないんだろうなー」とコメント。

 きあちゃんに「どうだった??」と聞いたところ、弟の世話で大変そうなお母さんの代わりに、パジャマのボタンを自分で一生懸命つけるというシーンについて「パジャマをボタンじゃないのにしたらいいと思う」と答えたといい、菜月さんは「きあちゃん笑」「まあそうなんだけど…そういうことじゃないんですよ。笑」とツッコミを入れた。

 しかし「夜中にめちゃくちゃ珍しいことが起きました!!」と明かし、「夢を見たのか寝ぼけながら私を起こし「ママ、ギュってして。手、繋いでよ。」とポツリ」「抱きしめて手を繋ぐとすぐに眠りにつきました」と報告。「「パジャマは〜…」とかなんとか言ってたけど本当はちょっと寂しくなっていた」のではないかと推察し、「素直じゃないところがまた可愛いな と愛おしくなりました」とつづった。

 これに対し読者からは「きあちゃん、かわいい」「パジャマをボタンじゃないのにすればいいって、的確だし、かしこいけど、でもやっぱりママのお腹が大きくなるにつれて、葛藤もあるんだろうな〜」「ほんっと可愛すぎる…私は今妊活中なのですが女の子が欲しくなっちゃいます〜」などのコメントが寄せられている。
 

▶︎動画:「暗証番号を共有したい」元カレ依存&束縛強めなこじらせ美女に男子ドン引き

AbemaTIMES

「はんにゃ」をもっと詳しく

「はんにゃ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ