「タッキーしびれる~!」麻雀ファンを唸らせた滝沢和典の高い守備意識/麻雀・Mリーグ

11月19日(火)12時5分 AbemaTIMES

 大和証券Mリーグ2019・11月18日の2回戦、EX風林火山・滝沢和典(連盟)がトップも狙えるが3着に落ちる可能性も高い局面で、高い守備力を見せ麻雀ファンを唸らせた。

 南4局1本場、点数状況は起家からKONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)-6800点、滝沢3万1000点、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)4万5000点、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)3万800点。

 2着目だった滝沢とトップ目だった萩原との点差は1万4000点差。満貫ツモは届かないが、跳満ツモなら逆転トップとなる点差だ。もちろん萩原から満貫を直撃してもトップだが、3着目だった親番・村上との点差もわずか200点。3着目に落ちてしまう危険性もはらんでいた。

 滝沢の配牌にはドラ5索が赤牌で来たが、前原が2巡目に白をポンしてマイナスを最小限に食い止めようと動いたことで、卓上はいきなりクライマックスの様相を呈した。

 4巡目、前原にカン6筒待ちのテンパイが入ると解説の渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)は滝沢の手牌を見て「6筒浮いてる!」と今にも放銃しそうなことを指摘した直後、前原は二万をポンして打7筒とし、待ち牌を2・5筒待ちと広く取った。

 6筒での放銃回避を免れたと思われた次巡、2筒をツモってきた滝沢を見て「やばい、マジやばい!」と白鳥は、今度こそ滝沢が2筒を切る可能性があることを指摘した瞬間、滝沢が切った牌は前原の現物だった8索。「うおぉおおお〜!」と白鳥が唸った次巡には、滝沢は萩原が打ったドラ5索に赤5索を合わせ打ちした。「さすがです!」と白鳥が感嘆したように、滝沢は前原に対して徹底的に守備に回り、2着狙いに方向転換したのだ。

 滝沢のこの素早い判断には「すげええええ」「うおおおおお」とコメント欄には雄叫びが連呼され「さすがタッキー!」「しびれる〜!」とその守備意識の高さで多くの麻雀ファンを魅了した。

 この局では村上が親の倍満ツモを決め、滝沢は結果3着フィニッシュとなったのだが、昨シーズンの4着回避率90%で、21人中首位の実力を存分に見せつけた格好となった。

 この日は初戦でチームメイトの勝又健志(連盟)がトップを取ったため、滝沢がマイナスを最小限に食い止めたことでEX風林火山は再び首位に浮上した。

 11月7日の2回戦では、オーラスであえてフリこむことで着順を操作する差し込みという高等技術で狙い通りの逃げ切り勝利を獲得するなど、今期の滝沢は絶妙な攻守バランスに加え、随所で戦略的な一打も見せるなど、勝っても負けてもファンを魅了し続けている。【福山純生(雀聖アワー)】

【2回戦結果】

1着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)5万5600点/+75.6
2着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)3万7400点/+17.4
3着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)2万3400点/▲16.6
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)-1万6400点/▲76.4

【11月18日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +190.2(32/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +145.0(30/90)
3位 セガサミーフェニックス +18.0(30/90)
4位 U-NEXT Pirates +13.0(30/90)
5位 TEAM雷電 ▲25.8(32/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲102.6(32/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲127.7(30/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲150.2(32/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
AbemaTV/麻雀チャンネルより)

▶映像:イケメンは守備でもかっこいい!滝沢和典のしびれる牌止め(2試合目)

▶映像:会心のツモで村上の顔が真っ赤に!箱下からの大逆転トップ(2試合目)

AbemaTIMES

「麻雀」をもっと詳しく

「麻雀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ