“芝居でジャムった”現場とは?MIYAVI×金子ノブアキ『ギャングース』クランクアップ映像

11月19日(月)12時0分 映画ランドNEWS

ギャングース

11月23日(金)公開の映画『ギャングース』より、MIYAVI金子ノブアキのクランクアップコメント動画が解禁となった。


ギャングース


幼い頃に親からの虐待に遭い、ろくに学校にも行けず自ら罪を犯したことで青春期を少年院で共に過ごした3人の少年たちが、犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする青春漫画を実写映画化した映画『ギャングース』。本作で情報収集・標的選定担当のサイケ(高杉真宙)、工具全般担当のカズキ(加藤諒)、車両・機動担当のタケオ(渡辺大知)に立ちはだかる強敵、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達役にMIYAVI、安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤役に金子ノブアキが扮する。


ギャングース
クランクアップ写真

普段からミュージシャンとして同じ舞台に立ち、旧知の仲だと語る2人は映像冒頭から金子のフリでMIYAVIが(金子の演じた役が加藤)金八先生のモノマネを披露するなどリラックスした様子。MIYAVIは「音楽で一緒にステージを去年もやったしね!こういった違う畑で、違うステージでジャムれて楽しかったね」と笑顔で語ると、金子も「最高でしたね!」と同調しながら、ネタバレ全開のピー音混じりに感想を語る。続けて金子は「ここまで完成された撮影クルーに入れてもらえるのは非常に光栄なことで、プラス、プレッシャーも少しの不安も心地よくあったんですけど、入団テストだと思って頑張らせてもらいました。楽しかったです」と和やかに撮影現場を振り返る。


MIYAVIも「今回安達という非常に残虐で非道な役をやらせてもらったんですけど、この作品を通じてこんなにも恵まれた国の中にも貧困児童を含めてたくさんの問題があるということ。安達もそうですし、サイケもタケオもカズキも加藤もそれぞれのバックグラウンドを背負って、それでも生き延びるしかない、生きていくしかない。これしか術がない社会を、今後俺たちがどういう風にしていくのか、そういうことを考えるきっかけになる作品になればいいなと思います」とUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)親善大使を務める彼ならではの熱い想いも語っている。


さらに「アクションシーンも含めて、僕自身新しいチャレンジがありました。アクションシーン知ったの前日ですから(笑)」と驚きの裏話も暴露している。見事にはまっている最凶半グレ系アウトローのMIYAVIと金子。劇中での非道っぷりと2人が演じた安達と加藤の関係性にも注目だ。



映画『ギャングース』は11月23日(金)より全国公開


©2018「ギャングース」FILM PARTNERS ©肥谷圭介・鈴木大介/講談社


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「MIYAVI」をもっと詳しく

「MIYAVI」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ