『ユーフォリア/EUPHORIA』ゼンデイヤの履歴書

11月18日(月)20時1分 海外ドラマboard

スターチャンネルで日本独占初放送中の海外ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』で主演を務めるゼンデイヤのこれまでのキャリアを振り返る!

https://www.imdb.com/name/nm3918035/mediaviewer/rm820719360?ref_=nmmi_mi_tt_pbl_46

『シェキラ!』(2010-2013)

放送:2010年〜2013年
放送局:ディズニー・チャンネル
製作総指揮:クリス・トンプソン
出演:ベラ・ソーン/ゼンデイヤ・コールマン/アダム・イリゴエン/ロション・フェガン/デイヴィス・クリーヴランド/ケントン・デューティ/キャロライン・サンシャイン ほか

一流のダンサーになることを夢見るシーシー(ベラ・ソーン)とロッキー(ゼンデイヤ・コールマン)は、ある日、友人のデュース(アダム・イリゴエン)に地元で有名なTV番組『シェキラ!シカゴ』のオーディションを受けることをすすめられる。
紆余曲折を経て、オーディションに合格した2人は、番組でダンスをしながら友情を育んでいく・・・。

いまやハリウッドで引く手あまたの若手女優ゼンデイヤのデビュー作。
初々しい表情を魅せるゼンデイヤの魅力のとりこになってしまうこと請け合いのシリーズ。
ゼンデイヤのキャリアの始まりは、ディズニー・チャンネルだったのだ。
同作は、ディズニー・チャンネル史上に残る視聴率を記録している。

https://www.imdb.com/name/nm3918035/mediaviewer/rm2060319744?ref_=nmmi_mi_tt_pos_50

『ティーン・スパイK.C.』(2015-2018)

放送:2015年〜2018年
放送局:ディズニー・チャンネル
製作総指揮:ダリン・ヘンリー/ロブ・ロッターステイン
出演:ゼンデイヤ/カミル・マクファデン/カディーム・ハーディソン/タミー・タウンゼンド/トリニティ・ストーク/ヴェロニカ・ダン/ロス・バトラー/ジェイミー・モイアー ほか

ハミルトン高校に通うケイシー(ゼンデイヤ)は、ある日、会計事務所を経営していると知らされていた両親から、自分たちは国際平和のために活動するスパイであるという驚きの事実を知らされて、任務を手伝うように頼まれるのだった・・・。

本作は、まさにゼンデイヤのために製作された作品と言っても過言ではないほどに、彼女の魅力が炸裂したシリーズ。
劇中で彼女が魅せるアクションは圧巻だ!
自らがティーンのロールモデルであることを自負しているゼンデイヤは、ディズニー・チャンネルを早々に卒業せずに、本作への主演を選んだ。
この決断が、‘‘ティーンのカリスマ’’と呼ばれる理由のひとつなのである。

https://www.imdb.com/name/nm3918035/mediaviewer/rm1691436288?ref_=nmmi_mi_tt_sf_2

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)

公開:2017年
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ワッツ
出演:トム・ホランド/マイケル・キートン/ロバート・ダウニーJr./マリサ・トメイ/ジョン・ファヴロー/ゼンデイヤ ほか

アイアンマンとキャプテン・アメリカによる内戦に参加したピーター・パーカー(トム・ホランド)は、トニーからハイテクのスーツをもらいアベンジャーズの一員になったと勝手に解釈。
近所を守るヒーロー・スパイダーマンとして活躍しながらも、もっと大きな戦いに身を投じたいと感じていた・・・。

1作目におけるゼンデイヤは、そこまで重要な位置を占めているわけではなかったが、映画の最後に彼女が演じるミシェルがMJであることが判明。
続編となった『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)では、ヒロインとして大活躍を魅せ、どこか冷めた印象を与えるようま表情を魅せながらも、キュートな存在感で世界的にファンを多く獲得した。

https://www.imdb.com/name/nm3918035/mediaviewer/rm3551014400?ref_=nmmi_mi_tt_sf_2

『グレイテスト・ショーマン』(2017)

公開:2017年
製作国:アメリカ
監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン/ザック・エフロン/ミシェル・ウィリアムズ/ゼンデイヤ/キアラ・セトル/レベッカ・ファーガソン ほか

19世紀半ばのアメリカ。
フィニアス・テイラー・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は幼い頃よりショーに憧れていたものの、仕立て屋の息子として裕福な家庭に支える身として、抑圧された生活を送っていた。
そんな中、裕福な家庭の娘チャリティに恋をしたバーナムだったが、身分の違いから引き離されてしまう。
時を経て、鉄道会社に就職したバーナムは、チャリティの元を再び訪れ、結婚を申し込み、2人の子宝にも恵まれ、生活は苦しかったものの、幸せな日々を送るが、ある日、自身の勤める会社が倒産し職を失ってしまったバーナムは、あるアイディアを思いつく。
それは、博物館を買い取り、誰も見たことがない‘‘地上最大のショー’’を行おうというものだった・・・。

『スパイダーマン:ホームカミング』に続き、2017年はゼンデイヤにとって、飛躍の年となった。
同作で魅せた好演は本作が大ヒットを記録した要因の一翼を担っていると言っても過言ではなく、共演のザック・エフロンとの相性も抜群!
世代こそ異なるものの、同じディズニー・チャンネル出身の2人のスターが大作映画で共演を果たしている姿は感無量であった。

着実にキャリアアップしている印象が強い、若手女優ゼンデイヤ。
最新出演作『ユーフォリア/EUPHORIA』では、シリアス演技に徹し、圧倒的な存在感を発揮している。
実力派女優として世界に認められる日も近いだろう・・・いや、すでにファンは認めている。

海外ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』は、スターチャンネルにて絶賛放送中!

海外ドラマboard

「履歴書」をもっと詳しく

「履歴書」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ