横山だいすけ、新しい子ども番組 大河&朝ドラの子役・新井美羽も出演

11月19日(日)15時52分 オリコン

Huluオリジナル番組『だい!だい!だいすけおにいさん!!』12月8日スタート(左から)マニャ(築地まさたか)、ダイスケニャ(横山だいすけ)、ミニャ(新井美羽)(C)「だい!だい!だいすけおにいさん!!」製作委員会

写真を拡大

 11代目うたのお兄さんとして活躍した横山だいすけが出演する、キッズ向けエンターテインメント番組『だい!だい!だいすけおにいさん!!』が、12月8日より映像配信サービス「Hulu」でスタートする(以降、毎週金曜配信)。

 だいすけお兄さん初の冠レギュラー番組は、ドラマパートを軸に横山がさまざまなことに挑戦。歌って踊って笑って、子どもたちもおとうさんもおかあさんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、みんなで一緒に楽しめる、まるまる全部“だいすけお兄さん”らしい内容になりそう。

 「イメージとしてはアメリカのホームドラマのようなほっこりするような番組になったらいいと思っています」と横山。番組の中では、オリジナル楽曲をたくさん歌っていくといい、「すでに何曲かレコーディングしましたが、僕も『こんな歌をうたうんだ!』と思うような新しいジャンルの歌もあるし、子どもたちもついつい踊りたくなるような歌もあるので楽しみにしていてほしいです」。

 番組内のドラマ「おうちヒーロー☆なんでもできるんニャー!」では、横山がみんなのヒーローに大変身。かわいくていつも一生懸命なのにちょっとマヌケなヒーロー「ダイスケニャ」が、「ミニャ」「マニャ」と協力して、こどもが身の回りで悩んでいること困っていることをこどもの目線に立って解決していく。

 横山とともに「できるんニャー!」を演じるのは、大河ドラマ『おんな城主 直虎』や連続テレビ小説『わろてんか』(ともにNHK)で、主人公の幼少期を熱演した新井美羽(あらい・みう)、CMなどに出演し今後の活躍が期待される築地(つきじ)まさたか。3人が力をあわせて、さまざまなピンチに立ち向かっていくトリプルヒーロードラマを繰り広げる。

 「僕の姿を通して、そしてみうちゃんやまーくんと関わっている姿を通して、観ているうちに皆さんが自然と笑顔になれるような空気感、温かさをだしていけたらいいなと思っています。なんてことない会話の中にも楽しさや温かさがあふれている内容になっているので、そういうところも感じとってくれたらうれしいです。画面の向こうの皆が一緒に踊ってくれたり、歌ってくれたりするようなそんな番組にしたいです」と、希望を膨らませた。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

朝ドラをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ