欅坂46・長濱ねる、1st写真集が“白石麻衣超え” 初版12万部の大規模スタート

11月19日(日)5時0分 オリコン

初版12万部という異例の大規模スタートを飾る欅坂46・長濱ねるの1st写真集『ここから』(撮影/細居幸次郎)

写真を拡大

 人気アイドルグループ・欅坂46の長濱ねる(19)の1st写真集『ここから』(12月19日発売/講談社)の初版発行部数が、12万部という異例の大規模となることが18日、明らかになった。乃木坂46・欅坂46を合わせた「坂道シリーズ」のソロ写真集の中で、過去最多の初版部数となる。

 今年は乃木坂46のメンバーによる写真集が次々とヒットを記録しているが、累計発行部数が24万部と最も売れた白石麻衣の写真集でも、初版は10万部だった。長濱はそれを2万部も上回る“白石麻衣超え”のスタートとなる。

 同社の販売担当者は「予約の勢いがすさまじく、欅坂46の勢いを実感しています」と驚きを隠せず。昨年4月にメジャーデビューしたばかりのキャリア2年以下の19歳のアイドルが大記録を打ち立てたが「過去最多の12万部でも足りるのか、正直不安なくらいです…!」と本音を漏らしている。

 今月から来月にかけて坂道シリーズから合計7人のソロ写真集が出版されるが、7作の中でも過去最多初版部数の長濱の作品が台風の目となっている。発売までの1ヶ月、ファンのみならず世間の注目はますます集まりそうだ。

 本作は、個性豊かなグループの中でも“アイドル性No.1”の呼び声高い美少女・長濱が、故郷・長崎の五島列島で過ごした18歳の夏をみずみずしく撮影。人生初の水着カットやしっとりとした雰囲気の“湯上がり美肌”で大人の色気も感じさせる内容となっている。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

写真集をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ