堺正章、“生き証人”が昭和から平成の音楽シーンを振り返る

11月19日(月)10時0分 オリコン

11月19日放送、TBS系大型音楽番組第4弾『歌のゴールデンヒット~年間売上1位の50年~』司会の堺正章(C)TBS

写真を拡大

 50年分の「年間売り上げランキング」を紹介するとともに、昭和から平成へ、そして新しい時代へ聴き継がれ、歌い継がれるであろう名曲の数々を振り返るTBS系大型音楽番組第4弾『歌のゴールデンヒット〜年間売上1位の50年〜』が、19日(後7:00〜10:00)に放送される。この半世紀にわたる音楽シーンを見てきた“生き証人”ともいうべき存在で、MCを務めるのはタレントの堺正章(72)。収録後、堺は「みんなで口ずさめる曲に巡り合うことが少なくなった」と嘆きながらも、新しい時代への希望を語った。

 堺は、子どもの頃、俳優の父・駿二さんに連れられて撮影所に行ったことがきっかけで子役として映画に出演し、芸能界デビュー。高校在学中の1962年(昭和37年)に、かまやつひろし(ムッシュかまやつ)や大野克夫らの音楽バンド「ザ・スパイダース」にメインボーカルとして加入すると、「フリフリ」「夕陽が泣いている」などのヒットを生み、グループサウンズブームの代表的な存在となる。

 スパイダース解散後も、ソロデビューシングル「さらば恋人」(1971年)が日本レコード大賞大衆賞を受賞するなど、歌手として活躍する一方、『時間ですよ』『天皇の料理番』などのテレビドラマに出演。孫悟空役を演じた「西遊記」シリーズは、日本での大ヒットのみならず、海外でも放送され人気を博した。映画『夕凪の街 桜の国』(佐々部清監督)の演技で、第17回日本映画批評家大賞審査員特別賞を受賞。また『カックラキン大放送』などの人気バラエティに出演のほか、『NHK紅白歌合戦』『日本レコード大賞』の司会者としても活躍した。"マチャアキ""ミスターかくし芸""巨匠"と数々の愛称で親しまれる、日本を代表するエンターテイナーだ。

 昭和から平成の今日までの音楽シーンな中からも、外からも見てきた堺は「昭和は個人的に好きか嫌いかは別として、全国区で知られる名曲がかなり多く生まれた時代だったと改めて思いましたね。平成に入ってからは、自分の好き、嫌い、嗜好で、選択の範囲の拡がりとともに、分散化して、みんなで口ずさめる曲に巡り合うことが少なくなりました。スマートフォンでテレビも見らえるようになって、よりパーソナルなもものに移行している中で、“君さえ知ってくれてたらいいよ”って感じの曲が多くなってきたのはちょっとさみしいかな」と、本音を漏らす。

 堺によると、ヒット曲には3つの波があるという。一波はファン止まり。ジャケット違いの商品を出したり、握手券をつけたりと、ファンに同じ作品を複数枚買わせるための特典商法が当たり前となった今は、ここが一番熱い。二波は普段からそれなりに音楽やエンターテインメントに触れている人、ほかのアーティストを応援している人の耳にも届いて、「この曲いいね」と楽曲を買う人が増え、より大きなヒットとなる。三波になると、世代も人種も越えて、誰もが耳にしてサビの1フレーズくらいは口ずさめる曲だ。

 「三波までいく曲がもっと世の中に出てきてくれたら、もっと元気をもらえるんじゃないかなって、いつも感じるんですけど。でも、これからはAI(人工知能)とか使って、さらにパーソナライズされていくんでしょうね。でもそれを突き破っていくようないい曲、垣根を乗り越えていけるエネルギーがある曲が生まれてほしいな、という希望を持ちながら、待っていたいですね」。

 堺と司会進行するのは、3回目の宮迫博之雨上がり決死隊/48)と、番組初出演となる芦田愛菜(14)。同局が秘蔵する貴重な当時の歌唱映像を、その時代を映し出す懐かしい映像とともに紹介し、「ヒット曲と時代」の関係を浮き彫りにする。スペシャルトークでは元テンプターズの萩原健一を招き、グループ・サウンズ時代の秘話や俳優活動時のエピソードを、堺と共に語り合う。

 番組について堺は「貴重映像の大量放出。いつ見ても懐かしい映像、心に染み入る歌を聴くことができて、それぞれの世代でそれぞれの楽しみ方ができる番組に仕上がったんじゃないかな」とアピールしていた。

オリコン

「堺正章」をもっと詳しく

「堺正章」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ