SixTONES、デビュー曲はYOSHIKIが提供「新しい一面を」 単独FC開設も発表

11月19日(火)20時30分 オリコン

SixTONES(左から)田中樹、高地優吾、ジェシー、京本大我、松村北斗、森本慎太郎 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 2020年1月22日にCDデビューが決定しているジャニーズJr.の人気グループ・SixTONESが19日、東京国際フォーラム・ホールAで開催される『Rough”XXXXXX”』ホールツアー公演前に囲み取材を行った。このほど、記念すべきデビュー曲の楽曲提供をX JAPANのYOSHIKIが担当することが発表された。すでにレコーディング、ミュージックビデオを撮影済みで現在は、YOSHIKIによって最終調整中。気になる仕上がりについて、ジェシーは「YOSHIKIさんのワールドがね」とニヤリ。高地優吾(※高ははしごたか)も「YOSHIKIさんに新しいSixTONESの一面を引き出してもらった」と自信をみせた。

 故・ジャニー喜多川社長が存命時、プロデュースを手掛ける滝沢秀明氏からYOSHIKIへデビュー決定前のSixTONESにジャニーズJr.としてのオリジナル楽曲のオファーがされYOSHIKI側がこれを快諾。田中は「そこから製作する予定が、デビューが決まったので改めてデビュー曲を作ってくれないか、と滝沢さんからもう一度オファーをしていただいたところ、YOSHIKIさんが了解をいただいて製作していただいた」と説明した。

 今年の春、デビュー決定前に一度、YOSHIKIとメンバーは対面済みで田中樹は「お会いした時もサプライズでスケジュールも空白だった。スタジオで僕たちが待ってたらYOSHIKIさんがいらっしゃって…。楽曲を作っていただくことになりましたって。ジャニーズJr.の僕たちにYOSHIKIさんが楽曲を作っていただけるって、それくらいの衝撃がありました」と目を丸くした。

 ダンスについて聞かれると松村北斗は「それは見てのお楽しみ。見ていただければ言葉はいらない」と不敵な笑みをみせ、田中は「激しく美しい。すべての要素が詰まっている」と並々ならぬ手応え。楽曲の解禁はジェシーは「もしかしたら音楽番組で披露するとか、タイミングがもしかしたらこれから…」と含みをもたせ、年明けからのアリーナツアーも決定していることもあり、田中は「そこ(ツアー)からかなのかどこからか。なるべく早く披露したい」と胸を高鳴らせた。

 そして満を持して昨年デビューしたKing & Prince以来1年9ヶ月ぶりとなる公式ファンクラブ開設も決定。うれしい報告続きだがいつものびのびと“暴走”する森本慎太郎が大人しいことを指摘されると「今は羽を閉じてます」と周囲の状況を伺い、田中から「大人の方に囲まれると緊張しちゃうの?」とツッコまれて笑いを誘った。

 今ツアーは12月23日に沖縄にてラストを迎えるが年をまたいで来年1月4日より神奈川・横浜アリーナを皮切りに全国5都市22万1000人を動員するアリーナツアーをスタート。現在そちらも同時進行で準備中だそうでジェシーは「SixTONESなんで」と隣と肩を組むポーズで得意げ。まさに破竹の勢いでデビューまで突き進むこととなるが高地は「もっとぎゅうぎゅうでスケジュールを!」と貪欲に熱望。京本大我は「ジャニーズを引っ張っていけるくらい大きな存在になっていきたいと想いますので応援のほどよろしくお願い致します」と決意を新たにしていた。

■YOSHIKIコメント全文

「滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。
あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。
楽曲については滝沢さんとも話し合い、意図的に“YOSHIKIメロディ”を取り入れました。先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ『SixTONES』という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。
デビュー、おめでとうございます」

■アリーナツアー『TrackONE IMPACT』(トーンインパクト)日程

1月4〜7日 神奈川県・横浜アリーナ
1月26日 福岡・マリンメッセ福岡
2月23〜24日 大阪・大阪城ホール
2月29日、3月1日 静岡・エコパアリーナ
3月28日、29日 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

オリコン

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ