スティーヴン・セガール主演『沈黙の戦艦』リブート企画が進行中 ─ Netflix『ケイト』脚本家が就任

11月19日(金)13時18分 THE RIVER

スティーヴン・セガールが主演を務めた1992年公開のアクション映画『沈黙の戦艦』を再び映画としてリブートする企画が、米ワーナー・ブラザースで進行していることがわかった。米Deadlineが報じている。

アンドリュー・デイヴィス監督による『沈黙の戦艦』は、元特殊部隊の指揮官の男ケイシー・ライバックが、テロリストにジャックされた米海軍の戦艦の奪還に挑む物語。80年代からアクション俳優として人気を博していたスティーヴン・セガールが主演を務め、1995年には続編『暴走特急』が製作された。

オリジナル版を手掛けたワーナー・ブラザースは、米HBO Maxでの配信公開を目指してリブート企画を進めているとのこと。ケイシー・ライバックを演じたセガールがリブート版に復帰するかどうかは定かでないという。

監督は『KILLERS キラーズ』(2014)や『V/H/S』シリーズのティモ・ジャヤント、脚本は『ケイト』(2021)のウマイール・アリーム。製作には、『死霊館』シリーズや『マリグナント 狂暴な悪夢』(2021)の制作会社Atomic Monsterが務める。

Source: Deadline


THE RIVER

「主演」をもっと詳しく

「主演」のニュース

「主演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ