和牛・川西、ツイッター乗っ取り被害を告白 「勝手に『いいね』を押されていた」

11月19日(木)20時19分 エンタメOVO

和牛の水田信二(左)と川西賢志郎

写真を拡大

 「ノートンIDアドバイザー」製品発表会が19日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・和牛(水田信二・川西賢志郎)が登場した。

 本サービスでは、インターネットをモニタリングすることで個人情報の流出を検知して知らせてくれるほか、実際に被害に遭った場合に、復旧プロセスのサポートも受けられる。

 川西と共に、1日限定で「特別復旧支援スペシャリスト」に就任した水田は「この日のために1年仕上げてきたので頑張ります。この仕事のために今年は『M−1』には出ません。負けた人たちが、今『M−1』に出ています」と語った。

 一方、川西は「そういえば僕も、ツイッターアカウントを乗っ取られたことがあります」と告白した。

 「何月何日か忘れたけど『おっぱいの日』というのがあって、かわいいグラビアの人たちがポロッと出している写真に勝手に『いいね』を押されていた。それも一瞬だけ。『いいね』をつけて、バッと消してるみたいな」と説明。

 水田から「それ、おまえ本人や」と突っ込まれると、「俺が乗っ取られてたのかな?」と、トボケて笑わせた。

 会場では、そんな2人の「メールアドレス流出チェック」の結果を発表。水田は「セーフ」だったが、川西は「アウト」という結果で、これには川西も「ショックやわ」とすっかり驚いた様子。

 それでも、「これもご縁。このイベントがなければ流出にも気付いていなかった。今すぐサポートに電話したい」と語った。

エンタメOVO

「和牛」をもっと詳しく

「和牛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ