木下優樹菜、「謝罪と同時の口止め」ダメ押し報道で“芸能界復帰”が遠く霞んだ!?

11月20日(水)15時10分 アサ芸プラス

“タピオカ店恫喝”騒動で、11月18日、ついに芸能活動の自粛を発表した、タレントの木下優樹菜

「10月9日、最後の更新となっている謝罪文を載せた木下のインスタは、自粛発表と再度の謝罪を受け、またもや大炎上状態となっています。本人は今回、事務所を通して《あらためて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います》としていますが、騒動から1カ月以上、いっさい公の場で釈明をしていない。騒ぎが大きくなることを予想していなかった読みの甘さと後手ぶりが、ますます木下の首を絞めてしまったということでしょう」(芸能記者)

 7月に木下がインスタで、実姉がタピオカ店で勤め始めたことを報告し、その姉が店とトラブルになっていることを伝えたのが10月6日。しかしその後、店関係者により木下が店長に恫喝めいたメールを送っていたことが暴露され大炎上。そして同月9日のインスタでの謝罪となったわけだが、活動自粛発表の翌日の11月19日に放送された「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)が、その謝罪と同じ日に、木下が店長に対し〈姉も含め、円満に本件を解決したいと思っております〉としつつも、〈今回のことがずっと尾を引くようなことは、子供のためにもよくないと思います〉《「お互いに、誹謗中傷をしない」、「お互いに、第三者に話をしない」ということで解決させていただけないでしょうか》などと、“口止め”と取れるメールを送っていたことを報じたのだ。

「これでは、店関係者によって明かされた、当初の《弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》とされる、脅すようなメール内容と何ら変わりはない。焦りもあったのでしょうが子供をダシのように使うヤリ口は最悪で、謝罪をしながらまったく反省していない様子がうかがえます。活動自粛と再度の謝罪直後のことだけに、このダメ押しはあまりにダメージが大きく、復帰を遠く霞むものにしてしまいましたね」(前出・芸能記者)

 周囲は何とかできなかったのか。

アサ芸プラス

「謝罪」をもっと詳しく

「謝罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ