ハンバーグ師匠こと井戸田潤 とちぎのおいしいお米をPR

11月20日(水)16時36分 ジェイタメ




19日、都内で「大嘗祭開催記念 とちぎのおいしいお米お披露目イベント」が行われ、とちぎのおこめ特別広報担当佐藤美希井戸田潤が登場した。



栃木県出身の佐藤は、とちぎのおこめ特別広報担当に就任しており、ハロートークでは、「当たり前のように食べていましたが、今回、特別広報担当に任命頂いたことにより、私が食べていたお米はこんなにも素晴らしいお米だったんだということを知りました」とコメント。



続いて、ハンバーグ師匠に扮した井戸田も登場し、MC から「ハンバーグ師匠、やはりに白米に合うといえばハンバーグですよね?」と振られると、「今日のイベントに呼んでもらったことで、お米とハンバーグは切っても切り離せない関係というのがわかったよ! つまり、そう。『コネ』が大事だってね!ハンバーグ!!」と早速ネタを披露していた。


実際に、佐藤と井戸田に、栃木県産のお米「とちほのか」、「なすひかり」、そして大嘗祭の献上米に選ばれた「とちぎの星」の 3 種類を試食してもらうことに。まず、「とちほのか」に関しては、「3種類の中でも弾力、甘み、艶があるお米です」とコメントし、次に「なすひかり」に関しては、「お弁当やおにぎりによく合い、冷めても美味しくいただけます」と感想を述べた。そして最後に「とちぎの星」に関しては、「粒がしっかりしているので、丼ものやカレーにぴったりです」と、とちぎのおこめの美味しさに驚いていた。また、井戸田の為におかずとしてハンバーグを特別に用意。それに対し、最初にハンバーグに手を付けた井戸田は、お決まりのキメ台詞「ハンバーグ!」とリアクションした。



トークセッションでは、とちぎのおこめ特別広報担当に就任した佐藤が、井戸田にどうしたらもっととちぎのお米の魅力をPRできるのか相談を持ちかけた。するとハンバーグ師匠扮する井戸田が、「とにかく“大きな声を出してアピールすること”だよ」とアドバイス。実際に、佐藤に大きな声で「栃木米」と叫ぶように促がすと佐藤が、「とちぎま〜い!」と大きな声で叫び、これを全国でやっていこうと薦めた。


大きな声を出せるようになった佐藤に、井戸田が、とちぎのおこめを食べて、ほかほかの一等米ジョークが思いついたとネタを即興で披露し締めくくった。



ジェイタメ

「井戸田潤」をもっと詳しく

「井戸田潤」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ