ラスト『有線大賞』司会は梅沢富美男&吉田羊 大役抜てきに「身が引き締まる思い」

11月20日(月)4時0分 オリコン

『第50回日本有線大賞』の司会を務める(左から)梅沢富美男、吉田羊 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 今年で50回目を迎えたタイミングで終了することが発表された、年末恒例のTBS系列『第50回日本有線大賞』(12月4日 後7:00〜11:00)の司会をタレントの梅沢富美男(67)と女優の吉田羊が務めることがわかった。このほど、同局内で行われた記者会見に出席した2人は、歴史ある『有線大賞』のラスト司会という大役に抜てきされた率直な思いを打ち明けた。

 1968年からスタートした同賞は、第11回(1978年)から同局で放送を開始。今回、50回の節目を迎えて、テレビ放送は幕を下ろすものの、同局とともに番組を共に制作してきた全国有線音楽放送協会では、今後も音楽文化の振興を目指した新たな企画を運営していく予定で、詳細は後日発表される。

 開口一番「本当にドッキリじゃないだろうな?」と“疑いの目”を向けた梅沢は「司会やったことないのに『嫌いな司会者』で4位になっているし、横文字とか、今の若い子の名前を覚えられないけど、本当にオレで大丈夫?」と何度も確認。「ここまで誰にも言ってないんですけど、家族だから2人の娘に話したら『絶対、大がかりなドッキリだから。パパみたいな人が選ばれるわけない』って言われたからね」とまさかの起用に驚いた。

 一方、2015年に『有線大賞』の司会を経験している吉田は、今回が2度目の挑戦。「梅沢さんをどうコントロールできるかが、番組が成功するカギだと思っています。当日のハプニング、梅沢さんの毒舌を楽しみつつ、頑張りたいです」と笑顔で意気込むと、梅沢が「そんなに心配なら、安住(紳一郎)ちゃんがやればいいんじゃないの?」とツッコミ。すぐさま吉田が「安住さんは『レコ大』の司会です」と切り返すなど、息のあったやりとりで沸かせた。

 歴史ある番組を締めくくるタイミングでの司会業への重圧もあるようで、梅沢は「普段、大抵の仕事のオファーを受けても平然としているけど、今回はちょっとドキドキしました。最後を飾れるように頑張りたいと思います」とにっこり。吉田も「身が引き締まる思いです。まずは我々が楽しみながら、視聴者の方との一体感を味わいたい。私も、司会をやることは誰にも言っていないので、姉2人と『コウノドリ』で共演している星野源ちゃんもアーティストなので、源ちゃんに報告したいと思います」と呼びかけていた。

 梅沢と吉田をサポートするアシスタントは、同局の江藤愛アナウンサーが担当。今年の有線大賞候補となる「有線音楽優秀賞」10組をはじめとした、各賞受賞者は以下のとおりとなっている(50音順)。

【有線音楽優秀賞】
AKB48、大月みやこ、欅坂46、天童よしみ、西野カナ、乃木坂46、氷川きよし、三浦大知、水森かおり、三山ひろし

【新人賞】
つばきファクトリー、NOBU、半崎美子

【有線大衆賞】
市川由紀乃、JUJU

【有線奨励賞】
木島ユタカ、中澤卓也、松原健之

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

司会をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ