板尾創路、不倫報道受け緊急会見 妻には謝罪済み「何とかお許しをいただきました」

11月20日(月)4時0分 オリコン

グラビアアイドルとのラブホ不倫を報じられたお笑いタレント・板尾創路が緊急会見 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 18日に配信された週刊誌『FLASH』(光文社)の電子版で、グラビアアイドルの豊田瀬里奈(27)とのラブホテル不倫を報じられた、お笑いタレントの板尾創路(54)が19日、東京・CBGKシブゲキ!!で開催中の舞台『THE BAMBI SHOW〜2ND STAGE〜』公演後に報道陣に取材対応した。

 報道によると、2人は11月上旬にイタリアンレストランで午後11時頃まで食事を楽しんだ後、カラオケ店で1時間ほど過ごし、ラブホテルへ。3時間以上経過してからホテルから出てきたが、同誌の取材に対し豊田は「(ホテルでは)映画を観ていただけで、男女の関係は一切ありません」との回答を寄せていた。

 報道陣から「不適切な関係だった?」と追求されると「まぁープライベートなことなので、それはご想像にお任せします」とコメント。「写真誌に撮られていますが」「ホテルでは何をしていた」との質問にも同じ返答で「想像してください」を3連発。豊田の言い分にそって、ホテルで鑑賞した映画の内容を聞かれるも「映画も見ました。バラエティーみたいなのが流れているやつとか、全然面白くなかったので記憶になくて…」とかわした。

 今回の報道を受け、妻には謝罪をしたといい「家族には、こういう騒ぎになったので怒られて、謝って何とかお許しをいただきました」と現状を報告。先月12日に行われた『京都国際映画祭2017』オープニングセレモニーで、自身の監督作である映画『火花』(11月23日公開)の出演者に「公開まで人を殴ったらアカン、物盗ったらアカン、不倫したらアカン」とスキャンダル禁止令を出していたと伝えられていたが「劇場の方とか共演者とかそういった方、映画もそうですけど…」と、今回の会見で騒動を収めたい思いをにじませた。

 豊田は『火花』にもわずかながら出演しているが「現場でも会っていないし、僕がオーディションして彼女を選んだ訳じゃないので、打ち上げのときに初めてお会いした感じです」と説明。豊田との関係については「事務所の契約が切れるからというような。僕はよしもとやし、グラビアの娘を相談する知り合いもツテもないので、どうしようかなという時に、たまたま知り合いのプロデューサーに履歴書を送れる道筋だけをつけたという感じです」と釈明した。

 「板尾組の作品に出ていただいたので、板尾組の一員だと思っておりますので、これからもご活躍して頑張っていただきたいなと。カワイイ方だし」とエールを送った板尾に、報道陣から「男性としてはどう見ている?」と直球の質問。胸の部分でジェスチャーを交えながら「いやー、そらカワイイし、水着を着たらすごく映えるし、ミスFLASHのグランプリも取られて、すごく有望な方だと思いますよ」と率直な思いを打ち明けた。

 去り際には「いやー、僕はあんまりそういうのはないと思っていたので」と写真誌のスクープへの驚きも語った板尾。「豊田さんとのお付き合いを色で例えると?」という、今年8月に不倫疑惑が報道された雨上がり決死隊・宮迫博之の「オフホワイト」を想像させる問いかけには「お好きなお色で…」と笑顔で答え、用意されたタクシーに乗り込んだ。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

不倫をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ