秋元康プロデュース劇団の23歳・立野沙紀、初のドラマ出演決定

11月20日(月)20時30分 オリコン

ドラマデビューを果たす「劇団4ドル50セント」の劇団員・立野沙紀。

写真を拡大

 秋元康がプロデュースする「劇団4ドル50セント」の劇団員・立野沙紀(たてのさき)が20日、自身のSNSで初のドラマ出演を発表した。

 立野は井上真央主演の『明日の約束』(フジテレビ・関西テレビ系)の第6話(11月21日放送)、第7話(11月28日放送)、第8話(12月5日放送)の3話にわたって出演。過去の事件の真相を解き明かすキーマンの一人・望月朱里役を演じる。

 立野は劇団員女性メンバー最年長の23歳。その美貌がお披露目以来注目されていた。劇団の枠にとらわれない、演劇を中心とした総合エンタテインメント集団「劇団4ドル50セント」において、今後の個人活動も楽しみな一人だ。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

秋元康をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ