アニメ『revisions』追加キャスト&キャラ解禁 日笠陽子&田村ゆかりが犬耳&尻尾キャラ担当

11月20日(火)22時0分 オリコン

TVアニメ『revisions リヴィジョンズ』で田村ゆかりが演じるムキュー・イスルギ (C)リヴィジョンズ製作委員会

写真を拡大

 2019年1月よりフジテレビの新アニメ枠「+Ultra」などで放送されるテレビアニメ『revisions リヴィジョンズ』のキャスト&キャラクターが20日、解禁された。犬耳と尻尾をつけた妖艶なチハル・イスルギ役を日笠陽子、犬耳と尻尾をつけたゴスロリメイド姿のムキュー・イスルギ役を田村ゆかり、犬のぬいぐるみのような姿をしたニコラス・サトウ役を大塚芳忠が担当する。

 同作は、幼いころ誘拐された過去をもつ高校2年生・堂嶋大介が主人公。幼なじみのガイ、ルウ、マリマリ、慶作とともに不可思議な現象「渋谷漂流」に巻き込まれ、300年以上先の「未来」に飛ばされる。待っていたのは、広大無辺な荒野と森、点在する廃墟、未来人「リヴィジョンズ」と彼らが操る巨大な機械の化け物だった。そこに誘拐事件の大介の恩人と同名で瓜二つの少女・ミロが現れ、「現在(いま)」を取り戻すために「未来」と戦い、もとの時代に戻るため奮闘するストーリー。

 常に冷静で余裕があるチハル役の日笠は「今回は敵キャラクターということもあり、世界観や謎、疑問に思うこと等かなり聞き込み役作りをして参りました。人の愚かさと正しさ、大人と子供、そういった対比が面白く、独特な空気が漂う作品に仕上がっています。楽しみに待っていてください!」と呼びかけた。

 嗜虐的な性格で転送された渋谷の人々に対しても容赦がないムキュー役の田村は「見た目はぷにっとしたロリっ娘だけど、毒全開で偉そうなちびっ子キャラです。ただのヒーロー物ではないという、作品のストーリーや世界感がとても面白く、アフレコ時は役者のみなさんのお芝居を間近で観ていて心を動かされていました」と作品の魅力をアピール。

 いつも喰えない会話を楽しむお調子者のニコラス役の大塚は「最初にキャラ絵を拝見させていただいたとき、かわいいマスコットキャラクターのような見た目で少し驚きました(笑)。そんなニコラス・サトウが今後どのように物語に関わっていくのかぜひ楽しみにしていただければと思います!」と張り切っている。

 同作の監督は、『コードギアス 反逆のルルーシュ』などで知られる谷口悟朗氏、シリーズ構成・脚本は『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの深見真氏、キャラクターデザイン原案は『Wake Up, Girls!』の近岡直氏、アニメーション制作は『ALWAYS 三丁目の夕日』などの映像作品を生み出した白組が担当する。

■キャスト情報
堂嶋大介:内山昂輝
ミロ:小松未可子
張・剴・シュタイナー:島崎信長
張・露・シュタイナー:高橋李依
手真輪愛鈴:石見舞菜香
浅野慶作:斉藤壮馬
チハル・イスルギ:日笠陽子
ムキュー・イスルギ:田村ゆかり
ニコラス・サトウ:大塚芳忠

オリコン

「キャラ」をもっと詳しく

「キャラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ