岡崎体育、超美声シンガーBeverlyの新曲『尊い』MVに紛れ込んでしまう

11月20日(水)4時1分 しらべぇ

2017年に放送された小栗旬主演のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌を歌い、話題となったフィリピン出身のシンガーBeverly(ビバリー)。そんな彼女の新曲『尊い』のMVが20日に公開された。


■岡崎体育作詞・作曲の楽曲

『尊い』は、シンガーソングライターの岡崎体育の作詞・作曲によるもの。彼女の圧倒的なハイトーンボイスを堪能できる楽曲になっている。

岡崎体育は、Beverlyが来日して初めて訪れたイベントで衝撃を受けたという存在。同じレコーディングスタジオで制作を行っていたり、様々なイベントで同じステージに立ったりと、何かと縁もある。


関連記事:岡崎体育の「MUSIC VIDEO」がYoutubeで約200万再生達成

■新感覚ディスコチューン

岡崎体育(©︎avex)

そして今回、Beverlyのポテンシャルを高く評価していた岡崎体育が楽曲提供を快諾。

「尊い」とハスキーに繰り返す歌詞もクセになる、岡崎体育とBeverlyの個性がぶつかり合った新感覚ディスコチューンに仕上がっている。


■MVをよく見てみると…

20日に公開された『尊い』のMVは、ディスコ風の照明が浮かび上がる真っ白な空間で、真っ白なパーカーを着用したダンサーに囲まれたBeverlyが歌っているという内容だ。

そんなおしゃれな雰囲気が漂うMVなのだが、Beverlyの左斜め後ろに注目しながら観進めてほしい。

途中何度か「BASIN TECHNO」と書かれたパーカーを被って踊る岡崎体育が紛れ込んでいるのだ。ちなみに「BASIN TECHNO」は岡崎体育のファーストオリジナルアルバムのタイトルである。

今回紹介した『尊い』が収録されたBeverly 3枚目のオリジナルアルバム「INFINITY」は12月4日に発売予定だ。


・合わせて読みたい→ゆきぽよ、“高校留年した理由”にスタジオ騒然 「ホンマに!?」


(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人



しらべぇ

「岡崎体育」をもっと詳しく

「岡崎体育」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ