「縛り」ファッションを極めたい!山咲千里55歳がグラドルたちに“宣戦布告”

11月21日(火)9時59分 アサ芸プラス

 かつて派手な「縛り」ルックで世間をにぎわせた、女優でモデルの山咲千里が、完全“復活宣言”を行った。

「近年の山咲は関西のモデル事務所に籍を置いて活動していましたが、今年になって東京の芸能事務所と契約。今後は『年齢を超越した』艶路線での『ボンデージファッションを極めていきたい』と語っていました。10月28日にはオフィシャルWebサイトを開設するなど心機一転、意気込みもかなりのものです」(スポーツ紙記者)

 手始めに、11月23日にはボンデージファッションプレミアム撮影会を開催。

「こちらはファンのために、ボンデージファッションを身にまとい、アイドル顔負けの撮影会を行う予定です」(前出・スポーツ紙記者)

 さらに山咲はこのイベントに先駆け、「週刊現代」11月13日発売号に登場。スペシャル袋とじの中でボンデージ全脱ぎ写真を披露している。63万部の大ヒット写真集を「一度限りの独占公開!」と銘打ち、1992年に出版して大ヒットした写真集「ANOTHER SKIN」から抜粋した貴重なショットを、9カットほど堪能できる。

「『ANOTHER SKIN』発売当時は30歳だった山咲ですが、55歳になった今もプロポーションは、ほとんど変わっていません。現在も身長163cmにバスト83cmウェスト57cmヒップ83cmのボディ。スタイルを保つために、人一倍ストイックな生活を送っています。この写真集でカメラマンを務めたリウ・ミセキも『ボクは、この63万部を記録した「ANOTHER SKIN」を超える作品を、いまだに撮れていない』とコメントしています」(写真誌カメラマン)

 ファッションだけでなく、90年代から“スロー・エイジング”にも関心を持ち、「美肌」「華齢」(いずれも講談社刊)といった書籍も何冊か出版。これからもビューティアドバイザーとして、美容関連の仕事にも積極的にかかわっていくという。大胆不敵にも「今時のグラドルになんかは、負けていられません」と前置きして、2018年は日本中を自分が悶絶させると宣戦布告。「55歳の完全復活」に期待も興奮も高まるばかり!?

(窪田史郎)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ファッションをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ