ASKAが絶賛&ドハマリしている「ウォーキング・デッド」って何だ!?

11月21日(木)9時59分 アサ芸プラス

 CHAGE and ASKAからの脱退を表明し、精力的にソロ活動を続けている歌手のASKA。歌以外にも積極的に取り組んでいて、特に夢中になっているのが剣道だ。さらにもうひとつ没頭しているものがある。海外ドラマだ。

 ASKAはブログで海外ドラマについてしばしば書いている。11月16日の投稿では、「ウェントワース女子刑務所」と「ウォーキング・デッド」について触れ、《いやぁ、「ウォーキング・デッド」、おもしれぇー!!!》と絶賛している。ウェントワース女子刑務所も観終わった後で“ロス”に陥るほど楽しんだようだ。

 ウォーキング・デッドはアメリカのドラマで、ゾンビのせいで崩壊した世界が舞台。ゾンビの手を逃れて細々と生活する人々を描いている。

 ウェントワース女子刑務所はオーストラリアのドラマ。その名の通り女子刑務所を舞台に、囚人たちが抗争と裏切りを繰り返しながら生きていく姿が感動を誘う。

「ウォーキング・デッドはポストアポカリプス、つまり世界の終末を描いた物語でいかにもASKAさんが好きそうなドラマです。ウェントワース女子刑務所は刑務所に興味があったからなのかもしれませんね。2つの作品はゾンビに刑務所と、共通点はなさそうに見えるかもしれませんが、実はどちらもヒューマンドラマ。そこがASKAさんの心の琴線に触れたようです。ブログでも大プッシュしていますね」(エンタメ誌ライター)

 どうやらASKAはかなりの海外ドラマファンのようだ。

「それならぜひともASKAさんにおすすめしたい作品があります。アメリカのドラマで『ブレイキング・バッド』という作品です。このドラマはネットフリックスが制作し、08年に放送が始まると辛口の批評家からも大絶賛されました。エミー賞やゴールデングローブ賞をはじめ、多くの賞を受賞しています。はっきり言って、ブレイキング・バッドを観ずにドラマを語ってほしくない、それぐらい素晴らしい作品です」(前出・エンタメ誌ライター)

 同ドラマは肺がんで余命宣告をされた高校教師が家族にお金を残すため、化学の知識をフル活用して薬物のメタンフェタミンを作り、元教え子の売人と組んでお金を手に入れようとする物語。禁止薬物を売買していく中で、2人は暗黒街のトラブルに巻き込まれ、やがて薬物の王へとのし上がっていく。

「メタンフェタミンは日本では『シャブ』の名前で知られる薬物です。それを巡って人生や家族を破綻させてしまう人物が描かれている。そういう点でもASKAさんにぴったりではないでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 観終わったら、ぜひ感想をブログで公開してほしいものだ。

アサ芸プラス

「ASKA」をもっと詳しく

「ASKA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ