モトーラ世理奈、台湾の食に魅了されていく『恋恋豆花』予告

11月21日(木)18時30分 シネマカフェ

『恋恋豆花』(C)2019「恋恋豆花」製作委員会

写真を拡大

オーディションで2,000人の中からヒロインの座を掴んだ、モトーラ世理奈主演『恋恋豆花』(れんれんどうふぁ)より予告編が到着。公開日も2月22日(土)に決定した。



モトーラさんは、ファッション・アイコンとして各国のクリエーターから熱い視線が注がれている注目のモデル。女優としては現在公開中の『ブラック校則』にヒロインとして出演、今後も主演作『風の電話』などが控えている。今作では、複雑な内面を持つ主人公・奈央を演じている。


先月行われた京都国際映画祭の特別招待作品として上映された際、本作の監督今関あきよしは、モトーラさん起用の理由を「今まで見た事ない女の子」と明かし、モトーラさんは「オーディションでは、この映画の中に私がいることが想像できた」と語っていた。


父の3度目の結婚相手になる予定の綾と台湾旅行をすることになった女子大生の奈央。その旅行から思いがけない出会いが待っていた…というのが本作のあらすじ。今回到着した予告編では、最初は浮かない表情だった奈央が、魅力的なスイーツやグルメ、人と出会い、笑顔になっていく様子が覗ける。


『恋恋豆花』は2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開。

シネマカフェ

「台湾」をもっと詳しく

「台湾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ