有村架純の非情な一言に視聴者から「胸が痛い」の声 『中学聖日記』第7話

11月21日(水)11時11分 クランクイン!

有村架純 クランクイン!

写真を拡大

 女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が20日に放送され、有村演じるヒロイン・聖と、岡田健史扮する晶が再会。しかし聖が晶に対して放った非情な一言に、視聴者からツイッター上には「胸が痛い」といった投稿が多数寄せられた。 野上(渡辺大)の優しさに触れ、ようやく前に進めそうな聖(有村架純)。一方の晶(岡田健史)は、るな(小野莉奈)と付き合うことに。そんなある日、聖のクラスの児童・彩乃(石田凛音)が、登校中に貧血で倒れてしまう。聖は彩乃の母・美和(村川絵梨)を学校に呼び出して注意するが、美和はこれ以上家庭のことに踏み込んできたら聖の秘密をバラすと言ってにらみつける…。

 聖は、彩乃の行方が分からなくなったという知らせを聞き、野上らと共に探しに行くことに。自転車を走らせ公園にたどり着いた聖は彩乃を発見。そんな彩乃の後ろには、迷子の彼女を助けた晶の姿が。このシーンに、ネット上には「やばー!!!」「心臓止まりそうになりました」「アーーーーって叫んだわ」などの反響が。

 かつての同級生に聖の居場所を聞いて、来てしまった晶。彼は「僕、またここに来ていいですか?」と晶に尋ね、「会いに来ちゃダメな理由…ないですよね?」と聖に歩み寄り、彼女の手をとる。

 しかし聖の脳裏には、生徒たちの笑顔がよぎる。聖は晶の手を振り払い「もう来ないで」と拒絶。続けて「あなたがここに来たら、私はここで暮らせなくなる」と言い放った。このセリフに視聴者からは「胸が痛いよ」などの声が殺到。さらに「あの顔で言われても、来てって言ってるようなもんじゃん」「聖ちゃんの顔全面に『行かないで』って書いてあったの見えたの私だけですか?」などと、聖の複雑な心境を読み解くツイートも寄せられた。

 自分の自転車を貸して晶を帰らせた聖。翌朝、晶に貸した自転車を取りに駅へ向かうと、自転車のカゴに一枚の紙切れが。そこには「会いたいです」の文字とともに晶の連絡先が。このシーンに、ネット上には「私が聖ちゃんだったら黒岩くんからのメモ捨てないからね」「メモの破壊力!!」などの投稿が寄せられた。

クランクイン!

「有村架純」をもっと詳しく

「有村架純」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ