NHKも報道した極楽・山本の「吉本」復帰 テレビ出演に立ちはだかるハードル

11月21日(月)18時18分 J-CASTニュース

復帰が論議の山本圭壱さん。右は、相方の加藤浩次さん

写真を拡大

10年前の淫行騒動を十分に反省したとして、吉本興業がお笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱さん(48)を復帰させると発表し、ネット上などで賛否両論が起きている。

「芸能界を離れて10年間十分に反省したと受け止められましたので、復帰を決めました。本人が復帰したいという強い希望があったこともあります」


「普通の会社であれば、まずあり得ない」



よしもとクリエイティブ・エージェンシーの担当者は2016年11月21日、J-CASTニュースの取材に対し、こう復帰の理由を説明した。「今後も反省を続けていき、ご意見やご批判を受け止めて、真摯に向き合っていくことになると思います」ともしている。


山本圭壱さんは06年7月、北海道函館市内で当時17歳の少女にお酒を飲ませて性的暴行をした疑惑が持ち上がり、吉本から契約を解除された。その後、示談が成立して不起訴処分になったが、芸能界復帰はなかなか進まなかった。


ようやく15年に入って単独ライブを始め、16年7月にはフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」でテレビ出演を果たした。16年9月からは「極楽とんぼ」としてのライブをスタートさせ、11月20日のファイナル公演後に吉本から復帰が発表された。


報道によると、山本さんはその10日ほど前に、相方の加藤浩次さん(47)と吉本の大崎洋社長の3者で話し合い、大崎社長から「戻ってくるか?」と言われて復帰が決まったという。


発表を受けて、ツイッターなどでは、ファンらから「頑張れ!!待ってる!!」などと激励の声が上がった。一方で、「普通の会社であれば、まずあり得ない」「山本では笑えない気がする」「そもそも若い子この人知ってる?」といった厳しい声も多かった。


また、「吉本復帰」をNHKまでもがニュースとして流したことについて、「何故NHKはこれを取り上げるのか」との指摘も出ていた。



スポンサーがどう出るか



吉本興業が山本圭壱さんを復帰させた事情について、芸能評論家の肥留間正明さんは、次のように見る。


「淫行や性犯罪は、タレントにとっては致命的なことです。吉本も、喜んで山本さんを復帰させたのではないと思います。本当に必要な人なら、2〜3年で戻ってくるはずです。山本さんは、周りの芸人の応援があったからこそ、10年かかってやっと復帰できたのでしょう」

ただ、その活動環境について、肥留間さんはこう言う。


「テレビ局はOKしたとしても、スポンサーが嫌がります。テレビにはなかなか出られないでしょうし、CMはまず入ることはないと思いますよ。テレビで1、2回お付き合いをする人はいるとは思いますが、それ以上は関わりたくないのでは。復帰が決まっただけで、未来は明るくないと思います」

山本さん自身についても、苦言を呈した。


「チケットが完売したと言っても、それは話題性で客を集めただけのように感じます。山本さんは、小さな演芸会をコツコツ続けるといった苦労の跡が見えませんね。芸を磨いていくのではなく、テレビに出ることしか考えていないように思えます。地に足が着いていないのではないでしょうか」

よしもとクリエイティブ・エージェンシーによると、テレビからのオファーはまだ来ていないといい、ライブなども含めて、今後の出演については未定だとしている。

J-CASTニュース

「復帰」をもっと詳しく

「復帰」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ