DOBERMAN INFINITY“告知なし”の登場 ファン集結で中目黒に歓声響く

11月21日(火)21時56分 モデルプレス

DOBERMAN INFINITY(左から:P-CHO、GS、KAZUKI、SWAY、KUBO-C)/(C)モデルプレス

写真を拡大

【DOBERMAN INFINITY/モデルプレス=11月21日】KUBO-C、GS、P-CHO、SWAY、KAZUKIからなる5人組ヒップホップユニット・DOBERMAN INFINITYが21日、東京・中目黒にて行われたクリスマスツリー点灯式シークレットイベントに出席した。

◆DOBERMAN INFINITYがシークレット登場

イベントは事前告知なしに行われたが、ステージ前には多くのファンが集結。DOBERMAN INFINITYの5人が姿を現すと、大きな歓声で迎えた。

今回、22日にウィンター・ラブバラード「あの日のキミと今の僕に」をリリースする彼らが「あのキミ今僕ツリー」と題したクリスマスツリーをプロデュース。実際にメンバーで飾り付けをしたそうで、イベントでは5人それぞれがオーナメントを吊るして、ツリーを完成させた。

◆クリスマスツリー点灯に感動

DOBERMAN INFINITYがクリスマスツリーをプロデュースするのは今回が初。

「ライブ前にやっている掛け声」を合図にツリーが点灯すると、メンバーは感動しつつ「この大きさのツリーに飾り付けをしたことなかったんですけど、我ながら上出来」(KUBO-C)、「(会場の)駐車場で作ってたんです。『金と銀のふわふわのやつをたくさんお願いします』とかワガママ言いながら、作っていました。素敵な体験をさせていただきました」(SWAY)、「こんなに人通りの多いところで、東京で、僕らの名前も入って夢のようです」(KAZUKI)、「こんな男5人でこんなロマンチックなことするのは最初で最後なんじゃないかなと(笑)。この5人で素敵な企画をさせていただいて楽しかったです」(GS)、「メンバーと飾り付けして、楽しかったですし、幼い頃の思い出も思い出しました。曲の温もりと同じ温もりを感じていただけたら」(P-CHO)とそれぞれ感想を語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ファンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ