ウィル・スミス、12月に来日決定 1年4ヶ月ぶり、14回目

11月21日(火)21時7分 オリコン

Netflixオリジナル映画『ブライト』(12月22日より世界同時配信)のプロモーションでウィル・スミスの来日が決定

写真を拡大

 米俳優のウィル・スミスが、Netflixオリジナル映画『ブライト』(12月22日配信開始)のプロモーションで、12月に来日することが明らかになった。各国を回るワールドツアーの最終地が東京(12月19日予定)に決定。ウィルの来日は、昨年8月の映画『スーサイド・スクワッド』以来の1年4ヶ月ぶり、14回目の来日となる。

 人間の警官ウォードを演じたウィルと共に、『ゼロ・ダーク・サーティ』『ブラック・スキャンダル』などに出演し、本作では怪物オークのジャコビーを演じるジョエル・エドガートン、そして『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』『プロメテウス』、1人7役に挑んで話題となった『セブン・シスターズ』などの女優ノオミ・ラパス、『フューリー』『トレーニングデイ』を手がけ『スーサイド・スクワッド』でもウィルとタッグを組んだデヴィッド・エアー監督らが来日。都内で開催される記者会見とジャパンプレミアへの参加が予定されている。

 同映画は、人間と様々な種族が共存している“もう一つの世界”のロサンゼルスが舞台。異なる種族の警察官、人間のウォードと怪物オークのジャコビーが、巡回中の夜に起きた事件で、謎の少女と「魔法の杖(マジック・ワンド)」に出会ったことで、地球の運命をも左右する大きな事件に巻き込まれていく。種族間の衝突を乗り越え、正体不明の敵や謎の生物たちと戦いながら事件の全貌に迫っていくスリリングなスペクタクルアクション。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ウィル・スミスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ