気鋭の韓国人ユニット・JG、12・20に初シングル アンダーグラフの名曲「ツバサ」をカバー

11月21日(火)16時2分 オリコン

1stシングル「ツバサ」お披露目ライブを開催したJGの(左から)ジュノ、ギュミン (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 3月末に活動を休止した日韓ボーイズグループ・BEE SHUFFLEのJOONHO(ジュノ 25)とGYUMIN(ギュミン 24)からなるユニット・JGが21日、東京・表参道GROUNDで1stシングル「ツバサ」(12月20日リリース)お披露目ライブを開催。6月にユニットとして活動を始めてから約5ヶ月で、念願のシングル曲リリースに「本当にうれしいです」と喜びをかみしめた。

 2005年にリリースされ、50万枚のヒットを記録したアンダーグラフの名曲「ツバサ」をカバー。曲の世界観に自分たちの歩みを重ねたといい「僕たちも5年前に韓国から日本に来て、いろいろな出会いと別れがあった。歌詞の内容が自分たちとピッタリだなと思ったので、ぜひこの曲をカバーしたいと思いました」と言葉に力を込めた。

 カバーするにあたって、アンダーグラフのメンバーとも対面したそうで「1ヶ月前くらいに僕たちのワンマンライブに来てくれた。『ぜひ、お願いします』と言ったら『自分たちの曲だと思って、歌ってください』と言ってくれました。その言葉で、心が楽になりました」と感謝した。

 来年1月開局の新チャンネル「Kchan!韓流TV」では、初の冠番組『JGのハルハルTV』をスタート。さらなる飛躍が期待されるが「今の目標は、BEE SHUFFLEの最後に(ツアーで)回ったZeppを2人で回りたい。遠い目標は、武道館そしてDOME、ドームです」と笑顔で意気込んでいた。

■1stシングル「ツバサ」お披露目ライブ セットリスト
1…ツバサ
2…Tonight the night
3…愛のセレナーデ
4…ツバサ(ハングルver.)

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ユニットをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ