広瀬章人竜王がシリーズ初勝利 大逆転防衛目指しまず一歩/将棋・竜王戦七番勝負

11月22日(金)19時6分 AbemaTIMES

 将棋の竜王戦七番勝負第4局が11月21・22日、山梨県甲府市「常磐ホテル」で行われ、広瀬章人竜王(32)が豊島将之名人(29)を135手で下し、同シリーズ初勝利を挙げた。

 広瀬竜王は開幕から3連敗を喫し、4局目にしてタイトル失冠の窮地に追い込まれていたが、矢倉からの出だしになった本局では、難解な中盤から徐々にリードを奪うと、終盤に向けてはしっかりと豊島玉を追い込み、快勝した。

 対局後には「厳しい戦いでしたけど、1つ勝ててホッとしています。(矢倉は)目指してみようかと思っていました。封じ手の直前に仕掛けられて、そこまでどっちが先に仕掛けるかという駆け引きもありました」と振り返った。また第5局に向けては、「まだまだ苦しい星取りなので、1つずつ返していければと思います」と、大逆転での防衛に向けての意気込みも語った。

 過去、七番勝負においては、3連敗した棋士が4連勝でタイトルを手にしたことは2例あり、広瀬竜王は大逆転での防衛に、希望をつなぐ形となった。第5局は12月6・7日、島根県鹿足郡「藩校 養老館」で行われる。
AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶映像:竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 広瀬章人竜王 対 豊島将之名人

▶中継:夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第一局 対 黒田四段 11月25日(月)9:30〜

AbemaTIMES

「広瀬章人」をもっと詳しく

「広瀬章人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ