映画『火花』打ち上げに笑いの神様が登場!菅田×板尾明かす

11月22日(水)6時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


「撮影を通じて感じたのは、菅田将暉は、演技に対する自分の気持ちとの折り合いとか、リアリティとかを、しっかり考える俳優だということ。表現する者として、それくらいの覚悟というか、気持ちになってくれる」


こう話すのは、菅田将暉(24)主演映画『火花』(11月23日全国東宝系公開)でメガホンを取った、監督の板尾創路(54)。又吉直樹(37)が芥川賞を受賞した同名小説を原作とする今作で監督3作目となる。菅田が演じるのは、お笑いコンビ「スパークス」の徳永。その相方・山下を演じたのは、実際の芸人である2丁拳銃の川谷修士(43)だ。そして、もうひとりの主人公、先輩芸人「あほんだら」の神谷は俳優の桐谷健太(37)が務めた。


今回、監督の板尾と主演の菅田が映画『火花』についてのエピソードを明かしてくれた。


菅田「芸人役は難しいなんてもんじゃないですよ。ただ、(ベテラン芸人の)板尾さんがOK出してくれたら、ええやんというか、安心感がありましたね。たとえば、ピアニスト役だったら、曲を弾けるように練習するとか、明確にできるんですけど……。(芸人役は)お客さんの前に立って、本当に漫才をするってことでしかない気がして。修士さんと2人でネタ合わせをして、撮影の日に初めてお客さんの前に立って、ウケるかどうかわからんけど漫才をやるって感じでした」


板尾「俺らでも初めてのネタをお客さんの前でするのは緊張するからな〜」


関西出身の芸人役になりきれたのは、菅田が大阪で生まれ育ったことに関係しているかもしれない。


菅田「昔からお笑いは大好きです。最近ハマっているのは、野性爆弾さん。もちろん、過去の『M-1グランプリ』や『キングオブコント』も見ています。チュートリアルさんが優勝したときは、タイムリーだったので印象に残っていますね」


だが、やはりいちばんはダウンタウンだ。16歳で家族の元を離れ、上京した菅田。孤独な一人暮らしを癒してくれたのが、彼らだった。5月に『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で2人に初対面した菅田は、〈家での唯一の自分の時間が、ダウンタウンさんのDVDや番組を見て笑うことでした〉としたためた手紙を、号泣しながら読み上げた。


菅田「でも、映画を見ても泣かないんです。毎日、撮影ばかりして、作品を見ると、どこか客観視してしまう。入りこむことができないんですよ」


板尾「やっぱり仕事として見ちゃってるから、段取りとか奥行きが気になって、まともに見られへんねんな」


クランクアップ後の打ち上げでは、お笑い好きの菅田にうれしいサプライズがあった。


菅田「監督が坂田利夫師匠(76)を呼んでくださったんです。乾杯のためだけに!」


板尾「俺が乾杯すんのもなぁ、と思って。アホの坂田師匠なら、アホやから来てくれるかなぁって(笑)。『ほんなら、行くで〜』って言うてくれて」


菅田「登場されたとき、フル衣装で、しっかりと曲も流れて、完璧でしたもん」


板尾「完全にシークレットにして、宴会場の上の階にスタンバイしてもらいました。アホを上に。アホやから、高いところのほうがええやろ(笑)」


菅田「高いところ好きなんや。アホっぽいなぁ、それ(笑)」


板尾「師匠、恥ずかしがり屋やから、上でずっと焼酎飲んでて、出てきたときには酔うてはってん。次の日、大阪で舞台があんのに来てくれて。ホンマありがたかったな」


菅田「めっちゃ盛り上がりました。出てくるだけで笑いが止まんなかったですもん。なんでいるんですかって(笑)。でも、ぜんぜんお話しする機会もなく、出てきて、乾杯して、そのまま下がっていかれたので」


板尾「最終の新幹線があったんで。アホの衣装のまま、車に乗って帰らはりました」


菅田「サービス精神がありがたかったです」


板尾「お笑いの神様を見てほしかったんですよ」


菅田「監督、ありがとうございました!」

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

火花をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ