おかもとまりは鬼嫁なのか? 「教養のない怒り方」「もうちょっと優しくできないの?」批判が続出

11月22日(水)20時0分 messy

おかもとまりInstagramより

写真を拡大

 11月20日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)におかもとまり(27)が出演。家族との私生活を公開したが、視聴者からは「鬼嫁」だと恐れる声が相次いでいる。

「ワケあり芸能人ママの子育てに密着」という番組内の企画で、おかもとは夫で作曲家のnao(36)、死別したnaoの前妻との子供・貫太朗(9)、naoとおかもとの子供・隆之介(2)と暮らす自宅に番組スタッフを招待した。しかし、子供から貰った手紙などを飾った棚を紹介する際、電球が切れて暗くなっているのを見るとおかもとの表情は一変。「naoさん言ったじゃんこれ!」「(電球の)予備は? なんで買ってないの?」と、猛烈にnaoを責め始めた。

 さらにnaoの散らかった部屋が紹介されると、「ぼちぼち(掃除を)やろうかな」というnaoに対し、おかもとは「ぼちぼちがなんで3年半にもなってるの!」と激怒。naoは「そうね」とうなずくだけで、ひたすらおかもとから注意を受けていた。他にもショッピングセンターに買い物に行った際、naoがひとりで先に歩いて行けば「なんでひとりで、さっさと行っているの? 協力してよ!」と怒鳴り、次男をトイレまで上手く誘導できないと「naoさん歩かない! 走る!」と大声で注意するおかもとの姿が映し出された。

 naoはそんなおかもとについて、「まあしっかりしてるんでね。僕がだらしないところもたくさんあるんで。それを正してくれるんで。言ってることも間違ってないんで」と話す。

 また、長男も「(おかもとのことが)好き。料理が上手いところが好き。優しいところも」「最初は緊張したけど、一緒にいたらだんだん慣れてきて、今はもうすっかり」「前までは『まりちゃん』って言ってたけど、パパが『ママって言ってみなよ』って言って、初めて言ってみた時に嬉しそうだったから、ずっと嬉しくいてもらいたいから『ママ』って」と、おかもとにすぐ懐いたそうだ。

 しかしネット上では「いくらnaoがだらしないといっても、あんな教養のない怒り方は有り得ない」「人前で大声出す人は苦手」「しっかりしてるのは悪くないけど、もうちょっと優しくできないのかな」といった、おかもと批判が続出している。



 ただnaoは、夕食で残ったご飯にサランラップを普通に巻くことさえも出来ない手先の不器用ぶりや、買い物中に次男が女子トイレに入ってしまった時、すぐ後ろにおかもとがいるにも関わらずnaoも一緒に女子トイレに入ってしまい、長男に心配されるなど、実際に抜けている一面もあり「おかもとの気持ちもわかる」との声も多い。番組でも、スタジオゲストの小木博明は「最初、すごいnaoさん可哀想だなって思ったんですけど、あんなに言われてさあ。でもラップ見た時に、あのラップのかけ方、ありゃ言われてしょうがないなって思った。わかるわかる」とうなずき、MCの後藤輝基も「あれは腹立つ!」と共感を示した。

 おかもとは今年7月にはwebサイトの運営会社を設立して社長としても活動している。番組では、「多忙な生活の中でいつしかきつい性格になってしまった」と紹介されていたが、夫婦・家族の関係性に慣れたこともあるだろう。おっとりしすぎているnaoにイライラしてしまうことはこれからもあるだろうが、夫婦協力して穏やかな家庭生活を送ってほしいものである。

(ボンゾ)

messy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

おかもとまりをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ