「仮面ライダー」大人のための変身ベルトCSMイベントで「未来の変身ベルト玩具」公開

11月22日(金)18時5分 マイナビニュース

バンダイは、「仮面ライダー」シリーズの変身ベルト玩具のイベント「THE HENSHIN COMPLETE SELECTION MODIFICATION EXHIBITION VOL.1」を、2019年12月7・8日の2日間、ベルサール秋葉原で開催する。企画展示の内容が22日、発表された。

「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」(以下 CSM)は、「変身ベルト」に代表される「仮面ライダー」シリーズのなりきり玩具を、バンダイの最新の技術・造型手法を用いて"大人向け"に再構築した、"大人のため"のなりきり玩具シリーズ。イベントでは、これまでに発売したCSMシリーズのラインアップや特別企画展示を中心に、仮面ライダーシリーズの変身ベルト玩具をさまざまな切り口で発信する。

会場では、「変身ベルトの未来」をコンセプトに、さらなる驚きと楽しさを追求した「未来の変身ベルト玩具」を特別に展示。展示する未来の変身ベルト玩具は、モーションセンサー及びセンシングプログラム(協力:株式会社ワントゥーテン(1→10))や、透明発光プレート(協力:オムロンアミューズメント株式会社)など、最新技術を駆使して製作している。

さらに、12月6日に行われる「THE HENSHIN」スペシャル前夜祭/CSM新作発表会で解禁となるCSMシリーズ最新作を最速で展示。シリーズ最新作は発表会開催後の夜に、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約受付を開始する予定。

また、2013年に第1弾を発売して以来、現在第24弾まで展開しているCSMシリーズ商品を、各作品の世界観とともに展示。発売未定の参考商品も多数展示するという。

そして、2018年に発売し、日本おもちゃ大賞 2019 の前年度ヒット・セールス賞を受賞した「変身ベルト DX ジクウドライバー」の製作過程を紹介するコーナーも。「時」をコンセプトに「変身ベルト DX ジクウドライバー」の企画スタートから商品発売までにかかった企画・開発の約300日間の過程を凝縮。製作過程に登場する「数字」のエピソードとともに、設計図面や試作品など、これまで公開されていなかった貴重な資料が多数展示される。

本イベントのロゴや変身ベルトをデザインしたジャンパーやTシャツをはじめとする、先行販売商品を含むアパレル商品の販売も予定している。

(C)石森プロ・東映

マイナビニュース

「仮面ライダー」をもっと詳しく

「仮面ライダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ