じゅんいち・ホリら、ものまね芸人の最高月収公開

11月22日(木)4時46分 ナリナリドットコム

11月21日に放送されたバラエティ番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)で、ものまね芸人の最高月収が公開された。

ものまね芸人にとって、12月は人生をかけた最も苦しい季節であり、12月の営業が来年の仕事にも関わってくるため、この時期の新ネタ作りに余念がないという。一方で、一流のものまね芸人となると収入も相当なもので、番組に出演していたものまね芸人らの最高月収が公開されることに。

スタジオで最初に目を引いたのは、じゅんいちダビッドソンの最高月収600万円。「ちょっと待って。レジェンドより…」との声が上がるが、じゅんいちは「違う違う。これたぶんですけれど、僕の場合R-1グランプリの賞金500万円が入ってる」と、イレギュラーな収入であったと弁明した。

一方、多くのレパートリーを持つホリに対して「ホリさんこんなもんですか?」「値段間違えてんじゃない?」と、もっと稼いでいるのでは?という反応が上がるが、ホリは「行かない行かない行かない。これ最高だから。10年以上前。そん時は学園祭に17校くらい行った時があった」とコメントしていた。

神奈月(500万円)
原口あきまさ(500万円)
ホリ(500万円)
じゅんいちダビッドソン(600万円)
横澤夏子(150万円)

一方、若手のものまね芸人の月収も番組では紹介されており、羽生結弦のものまねをする羽生ゆずれないが、ショーパブでの月収20万円と、金メダル特需もあってか営業で月30万円の合計50万円。大坂なおみのものまねをしている小阪なおみが月5000円、沢口靖子のものまねをしているメルヘン須長が月22448円と公開された。

ナリナリドットコム

「ものまね」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ものまね」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ