上野動物園パンダのシャンシャン、12・19より一般公開開始

11月22日(水)16時9分 オリコン

東京・上野動物園のジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(奥)と母親のシンシン(手前)(撮影日:2017年11月19日)(公財)東京動物園協会提供

写真を拡大

 東京・上野動物園で誕生したジャイアントパンダシンシン(母)とシャンシャン(子)が、12月19日より一般公開されることが22日、発表された。来年1月末(予定)までは公開時間が限定されるため、混雑を避け、写真撮影のニーズに応えられるように、観覧は抽選方式を採用することになった。

 シャンシャンは、6月12日に生まれてから非公開となっていたが、母親のシンシンのもとで順調に成長しており、シンシンの健康状態も良好であることから、母子そろっての公開が決定した。来年1月末までの間は休園日を除く毎日午前9時45分から午後0時15分に公開時間を限定する。

 公開時間が限られる1月末までの間は、抽選に当たった人のみが観覧できる。申し込みは、12月6日より特設のインターネットサイト及び電話で受け付ける予定。申込方法など詳細は、決まり次第、改めて発表する。

 開園時間中のパンダ舎の状況をインターネットによるライブ映像で公開する準備も進行中。開始日やアクセス方法などの詳細も決まり次第の発表となる。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

シャンシャンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ