亀梨和也、11年ぶりフジ系連ドラ主演で“復讐劇” 「自分にとって未知のゾーン」

11月22日(水)5時0分 オリコン

2018年1月スタートのカンテレ・フジテレビ系火曜ドラマ『FINAL CUT』出演キャストが決定 (C)関西テレビ

写真を拡大

 人気グループ・KAT-TUN亀梨和也が来年1月スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』(毎週火曜 後9:00)に主演することがわかった。殺人事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男の“復讐”を描く物語。亀梨は、『サプリ』(2006年)以来11年半ぶりとなる同局系主演、単独としては同局系初主演作となる。亀梨は「僕自身、全く新しい環境で連続ドラマを作らせてもらえることや、復讐という自分にとって未知のゾーンに挑戦できることはすごく楽しみで、ワクワクしています」と期待に胸をふくらませている。

 亀梨にとって初の試みとなる“復讐劇”。亀梨演じる主人公・中村慶介(なかむら・けいすけ)は高校生の頃、ある女児殺害事件で犯人扱いされ、自殺に追い込まれた母の無実を証明し、復讐を果たすために動き始める。慶介は巧妙かつ華麗な手口によって相手を“取材”して手に入れた「映像」を武器に、最後には「これがあなたのファイナルカットです」の決めぜりふでターゲットを追い込む様をスリリングに見せていく。

 また、このほど脇を固めるキャストも発表。慶介の復讐の矛先が向けられる、事件当時の取材・放送に関わっていた司会者・百々瀬塁(ももせ・るい)に藤木直人、事件の真相の鍵を握る美人姉妹の妹・小河原若葉(おがさわら・わかば)には橋本環奈が起用された。ターゲットとなるこの姉妹に対し、それぞれ別人を装って近づく中で、慶介は1人を深く愛し始めてしまったことから復讐のシナリオがくるってしまうことになる。

 このほか百々瀬が司会を務め、12年前の事件を取り扱った番組スタッフとして、プロデューサー・井出正弥(いで・まさや)を杉本哲太、ディレクター・真崎久美子(まさきくみこ)を水野美紀、若手ディレクターの小池悠人(こいけゆうと)を林遣都、そしてカメラマン・皆川義和(みながわ・よしかず)をお笑いコンビ・エレキコミックにやついいちろうが決定。

 慶介の幼なじみで復讐の手助けをする野田大地(のだだいち)には、Hey! Say! JUMPの高木雄也。そして、12年前の事件の担当刑事で警視庁新宿中央署の副署長・高田清一郎(たかだ・せいいちろう)を佐々木蔵之介が演じる。
 
 明るい笑顔の裏に怒りと悲しみを抱えながら、さまざまな人物を巧みに演じ分ける慶介役に亀梨は「慶介は何を思って生きているのかが掴みにくい人物なので、非常に手ごわいキャラクターですね。怒りや悔しさだけではなく、さまざまな感情を秘めた慶介の本質が、ターゲットを追い詰める時に透けて見えるように演じていきたいです」とやる気をにじませる。

 現在、フランス発祥のスポーツで、道具を使わずに、高低差や障害物を越えて移動していくアクロバチックな動きが特徴の“パルクール”も特訓中。「本当に大変ですね(笑)。僕もドラマ好きなのでアクロバチックなシーンが出てくるとうれしいし、すごくキャッチーなシーンになると思います。初挑戦ですが、頑張ります!」。劇中でみせるしなやかな動きにも期待が高まる。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

亀梨和也をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ