『トットちゃん!』いよいよ、テレビの世界へ ゲスト&新キャスト続々登場

11月22日(水)8時5分 オリコン

テレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第39話(11月23日放送)にチャラン・ポ・ランタンが出演。笠置シヅ子役のもも(左)、黒柳徹子役の清野菜名(中央)、アコーディオン奏者の小春(右)(C)テレビ朝日

写真を拡大

 エンターテインメント界の第一線で活躍を続ける黒柳徹子と、その家族の激動の昭和史を描くテレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(月〜金 後0:30〜0:50)。21日放送の第37話で、ヒロイン・徹子(清野菜名)がNHK専属テレビ女優に合格。22日放送の第38話から、徹子の女優としての新たな挑戦の日々がはじまるところだ。

 しかし、自分が合格したということは誰かを蹴落としたということなのか…!? かつて『トモエ学園』で「みんな一緒だよ」と習ってきた徹子は、喜ぶどころか悩んでしまい!? しかも、プロへの道は厳しく、徹子は個性的すぎる演技で、フロアディレクターの久松勇(三宅健)に怒られてばかり…。テレビ草創期、徹子のまわりでどんなドラマがあったのか、ドキドキの展開が続いていく。

 ゲストや新キャストが続々登場。第38話放送には、ディーン・フジオカが、講師の河毛博役で1シーンのみ登場。23日の第39話には高橋克典が、徹子の運命を大きく変える劇作家・飯沢匡役で出演する。24日の第40話以降では、女優の道を歩き出した徹子の前に、森繁久彌(近藤真彦)、渥美清(山崎樹範)、沢村貞子(浅野ゆう子)ら大スターたちが現れる。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トットちゃん!をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ