ロバート秋山、イケメンたちと並び恐縮 香取慎吾は“放置プレイ”でニヤニヤ

11月22日(水)19時24分 オリコン

イケメンたちと並び恐縮していたロバート・秋山竜次(右) (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、今年最も輝いた男性に贈られる『GQ MEN OF THE YEAR 2017』を受賞し、22日に都内で行われた授賞式・記者発表会に出席した。貴重な3ショットを撮影しようと、会場には大勢の報道陣が集結。その中で同じく受賞者として借りてきた猫のように端に立っていたのは、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次だ。

 今年12回目を迎えた『GQ MEN OF THE YEAR』は、男性誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)が、生き方、仕事、スタイル各分野において1年間で圧倒的な活躍をみせた男性に対して贈る賞。稲垣らのほか、斎藤工(俳優)、佐藤天彦(棋士)、佐藤琢磨(レーシングドライバー)、野田洋次郎(ミュージシャン)、長谷川博己(俳優)が受賞した。

 記念品を受け取り、笑顔を浮かべた稲垣は「今年、『新しい地図』というコミュニティーをスタートさせていただきました。情熱はいっぱいなんですが、まだこれといって、功績を残しているわけではないのに、このような素晴らしい賞をいただけて、大変、恐縮に思っております」と感無量の様子。

 草なぎも「本当にうれしく、みなさんに感謝しています。これからも新しい可能性を信じて努力をしていきたいと思います」と笑顔を見せると、香取も「自分はゼロからのスタートだと思っていたんですけど、最近ツイッターとインスタグラムを始めて、SNSで世界とつながってみてゼロじゃなかったと。世界中のみなさまとつながれている。ありがとう、世界」と喜びを爆発させた。

 そうそうたる顔ぶれに混ざり、普段とはひと足違うフォーマルな装いで登場した秋山。場を盛り上げようと、孤軍奮闘してボケを織り交ぜるが、会場の反応はイマイチ。さらに質問者から「周りの受賞者はイケメンぞろいですが…」とイジられる始末だ。

 「僕もイケメンなんだなと。とんでもない顔だったら並べてないわけですからね、光栄しかないですよ」と強がってみせたが「正直、申し訳なく思ってますよ…。もう一枠、顔のいい人がくればよかったのかな」と本音をポツリ。

 助け舟を乞うように周りをチラリ見たが、香取は秋山のタジタジとなっている姿を楽しんでいる様子。あえてフォローを入れず“放置状態”にされた秋山は「香取さんの『お前、ウケろよ』みたいな顔でプレッシャーになるんで、やめてください!」と苦笑いで返すしかなかった。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロバートをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ