『ヤンジャン』次世代アイドルバトル 1位はメガネ美少女・実久里ことの

11月22日(木)0時0分 オリコン

「サキドル エース サバイバル」第9弾で1位に輝いた実久里ことの(C)細居幸次郎/集英社

写真を拡大

 『週刊ヤングジャンプ』で開催された次世代のアイドルのエースを先取りする「サキドル エース サバイバル」第9弾の結果が22日発売の同誌51号で発表され、1位に輝いた「神使轟く、激情の如く。」の実久里ことの(じっくり・ことの)が表紙を飾った。

 同誌の恒例人気企画として、数多くのアイドルを発掘してきた「サキドル」。8月から始まった今回のバトルを制したのは、前シーズンの女王・生牡蠣いもこと同じグループでリーダーを務めるメガネ美少女だった。

 1位になった記念グラビアでは、トレードマークである眼鏡をはずして、その美しい素顔(自称)を晒す気合の入りよう。秋が訪れた沖縄を舞台に、普段よりしっとりと良い女感強めとなった姿を披露し、ファンならずとも心を奪われる。

 また、同号の巻末グラビアには「サキドル」2位の西葉瑞希(きゅい〜ん’ズ)、センターグラビアには同3位の西ひより(煌めき☆アンフォレント)が登場。巻頭カラー漫画は、『花待ついばらめぐる春』(スガワラスエコ)。

オリコン

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ