本田翼×富田望生×横田真悠“アイドル歌手”デビュー 「予想以上に本格的」と驚き

11月22日(金)1時0分 オリコン

劇中アイドルユニット「ジュエル☆トリコ」が配信デビュー 写真左からユナ(横田真悠)、マイ(富田望生)、モモ(本田翼)

写真を拡大

 女優・本田翼、富田望生、横田真悠が読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(毎週木曜 後11:59)で演じているアイドルユニット「ジュエル☆トリコ」が22日、デジタル配信デビューした。

 本田演じる主人公・星野沙希は、詐欺グループの撲滅を狙って結成されたスペシャリスト集団『チート』の頭脳として活躍する一方、“モモ”という芸名で、マイ(富田)、ユナ(横田)とともに3流アイドルグループ『ジュエル☆トリコ』として地道な活動を続けている。

 21日放送の第8話ではジュエル☆トリコがライブを行い、デビューシングルとなるオリジナル楽曲「ジュエル☆トリコ」を披露したばかり。3人は撮影のために本格的なボイストレーニングとダンスレッスンを積み重ね、実際のライブ会場を貸し切ってライブに臨んだ。振付はAKB48グループらを手がけているCRE8BOYが担当し、ダンスも含めて王道のアイドル曲に仕上がっている。

 ジュエル☆トリコの配信デビューについて高石明彦プロデューサーは「本田翼さんにアイドルを演じて頂くにあたり、単なるサイドストーリーとしてではなく、本気で歌って踊るアイドルを作ろうと考えました」と明かし、「楽曲もドラマの劇中にかかっても全く違和感のない、スピード感のあるポップな楽曲に仕上がっていますし、振り付けもパッションを大事にした3人の表現力を生かせる仕上がりです」と自信たっぷり。「そして何より、ハードな撮影の合間を縫って、練習に励んだ3人の頑張りがすごかったです」と称賛した。

 本田は「予想以上に本格的で、びっくりしました。ダンスも激しく、覚えるのに苦労しました」と打ち明け、初めてのレコーディングでは「シンプルにアイドルって大変な職業だなと思いました」と実感。「元気が出るキラキラ満載の曲です。THEアイドル、王道ソングですので、よろしければきいてみてください」とアピールした。

 富田は「まさかまさかのアイドル役でしたが、加えてデビューまでの数々の経験ができるとは…ありがたく貴重なことなのですが、事態を把握するまでに時間がかかり、本当ですか?いやいや!え?本当なんですか?と、何度か確認しました笑」と戸惑いも。横田は「アイドルの楽曲はキーがとても高い!と改めて感じました」と苦戦しつつも「全く違うタイプの私たち3人の歌声を楽しんでください。いつの間にか覚えてしまうこの楽しい歌をたくさん聴いてもらえるとうれしいです!」と呼びかけている。

 ジュエル☆トリコが歌う「ジュエル☆トリコ」は、Apple Music、Spotify、iTunes Storeなどで配信がスタートした。

オリコン

「本田翼」をもっと詳しく

「本田翼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ