故・土岐英史の貴重なライブ音源がついに姿を現す! 新譜『Live at "RAG"』発売!

11月22日(月)20時0分 Rooftop

Days of Delight(ファウンダー&プロデューサー:平野暁臣)は、本年6月に永眠した日本ジャズ界の至宝・土岐英史の新譜『Live at “RAG”』を2021年12月15日に発売。

関西ジャズ界が誇るレジェンド・ギタリスト竹田一彦を迎えた本作は、2020年9月にリリースした『The Guitar Man』(DOD-009)の録音前夜、レコーディングメンバーで京都〈Live Spot RAG〉にて行った1回限りのスペシャルギグの模様を収録したライヴ盤。当代随一のブルースフィーリングをもつ土岐と竹田が絡み合うサウンドはまさに絶品。宮川純(org)と奥平真吾(ds)という腕利きプレイヤーのサポートを得て、リラックスした空気のなかに立ちのぼる芳醇でブルージーな極上の時間をお届け。

「今回のプロジェクトは具体的ななにかを得るためじゃない。むしろなにが生まれるんだろう?っていう感じかな。ただ、もしかしたらもう一度自分自身を見つめ直すきっかけになるかもしれない。ある意味でぼくの原点に帰るようなことだからね」
—土岐英史

【演奏者】
土岐英史 Hidefumi Toki alto sax
竹田一彦 Kazuhiko Takeda guitar
宮川 純 Jun Miyakawa organ
奥平真吾 Shingo Okudaira drums


Rooftop

「土岐英史」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ