米倉涼子主演『ドクターX』、オペシーンや決めゼリフの秘密アレコレ

11月22日(水)21時50分 週刊女性PRIME

「ドクターX~外科医・大門未知子~」(c)テレビ朝日

写真を拡大



 シーズン5に突入した米倉涼子(42)主演の医療エンターテイメントドラマ。“私、失敗しないので。”の名ゼリフで20%超えの高視聴率をマーク。好調をキープするドラマの気になる謎を大解剖!

 フリーランスの天才外科医、大門未知子(米倉涼子)の活躍ぶりを痛快に描いた連続ドラマ。2012年のシーズン1放送から5年。今期のシーズン5も初回20・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、秋の連ドラのトップに。

「この世に存在しているようでいない。こんな人に会いたい、と思えるように未知子をつくっています」

 と、大門未知子の“生みの親”、内山聖子ゼネラル・プロデューサー。

 “私、失敗しないので。”“いたしません”などの名ゼリフとともに、絶好調ドラマの謎を、内山GPに直撃しました。

■未知子はこれまでいくら稼いだの?



「企業秘密です(笑)。基本、契約と報酬については名医紹介所の神原所長(岸部一徳)が管理しています。未知子は給料制なので、たいしたことはありません。給料は、おもにゲームセンターや卓球などの遊興費に使っています。ゲームセンターで使いすぎて、たい焼きも買えないくらいしかお財布に残っていません」

■神原所長(晶さん)の請求額のマックスは?



「シーズン1では数百万円の請求が多く、シーズンを重ねるごとにバブルになってきました(笑)。今シーズンでは上限を2千万円にしています」

■晶さんの請求時のメロンの秘密は?



「国産の高級メロンを持参しています。包んでいる風呂敷は変わることもありますが、紫色が多いですね」

■未知子を演じる米倉の医療知識は?



「回を重ねるごとに知識も増えていますし、脚本で理解できないときは、知人のドクターに取材しているようです」

■堂々と演じる米倉が緊張している?



 シーズン1のころは、慣れないドクター役に緊張して、手汗、足汗、頭汗までかいていたという米倉。

「今も、思いきり緊張しています。ずっと緊張しているほうがよいと思います(笑)」

■米倉のアイデアが生かされることは?



「医療バサミの独特の受け取り方、オペ後に患者さんの肩に手を置くのは、米倉さんの発案です。また、オペの後にコップ1杯分のガムシロップを一気に飲むのも、米倉さんが、オペの後は甘いものが欲しくなるというドクターの話を参考に考えたものです」



■オペシーン秘話は?



 実際のオペでは、電気メスなどを使用すると煙が出るので、リアリティーを追求するため、実際に豚肉や鶏肉を焼いているという撮影秘話を米倉本人が明かしている。オペシーンのこだわりについては、

「外科監修、外科指導などとても丁寧にスタッフがつくり上げています。監督のアイデアにも柔軟に対応できるほどスタッフも腕をあげていますし、キャストのみなさんも、オペの動きは完璧。映りに関係なくいつも芝居をしています」

■オペの手元アップはスタントなし?



 オペシーンの手元は、専門家が吹き替えるのが一般的だが、このドラマでは、あまりにうまいので、米倉自身が演じているそう。

「シーズン1から両方(吹き替えと吹き替えなし)でやっていたと思います。(米倉も)撮影の前に練習を繰り返しているので、ご自身でやったほうが早いと思ったのでは?」



■医局で未知子が知恵の輪で遊ぶ理由は?



「外科医は指先を器用に使うので、鍛錬になると思います。また、知恵の輪は、集中力も高めます」

■医局での必需品は?



「ストレッチするものが多いです。米倉さんが好みのものを使っています」

■私服のコンセプトは?



「白衣と術着は、未知子にとってはある種の戦闘服。私服は“自由”がテーマです。高級ブランドなどにはこだわらず、いろいろなスタイルの服装を楽しんでいます。靴のヒールは13cmくらいでしょうか」

 毎話、数ポーズ登場する未知子のファッションは要チェック。

■“失敗しない女”の麻雀の勝率は?



「99・9パーセント負けです。医療の知識はついている米倉さんですが、麻雀は今でも素人です」

 米倉が苦労しているのは、難易度の高いオペシーンより雀卓を囲むシーンだそう。

■オンとオフで違うところとは?



「院内では胸を張って、あごをあげて歩く未知子ですが、遊びのときはまったく違います。オフの未知子はちょこまか動いたり小走りになったり、小動物のようです」

■決めゼリフのコツ&マイブームは?



「“私、失敗しないので。”などの定番セリフは、全身全霊を込めて言ってもらっています。これとは別に、このところ、未知子が“御意”と言うことが増えています(笑)」

■未知子の好みの男性は? 将来の夢は?



「晶さんなのかもしれませんね。夢は、1日でも長く、1人でも多くオペをすることです」





 大門未知子/1976年1月7日生まれ。広島県出身。2001年 明英医科大学卒業後、東帝大学医学部外科医局に入局するが、まもなく退局。2002年、キューバのクバナカン医科大学へ編入。卒業後、クバナカン医科大学病院に勤務。その後、僻地医療に参加、軍医や船医として医療に従事。帰国後、フリーランス外科医として神原名医紹介所に登録。特技 ・手術。趣味・手術。口ぐせ・私、失敗しないので。(医師免許がなくてもできる雑用は)いたしません。

週刊女性PRIME

この記事が気に入ったらいいね!しよう

米倉涼子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ