木村拓哉と『おっさんずラブ』に死角なし!? 辛口漫画家が今期ドラマ13作品をガチ批評

11月22日(金)12時0分 週刊女性PRIME

グランメゾン東京

写真を拡大



 原作モノだけでなくオリジナルで勝負する作品がラインナップされた今期ドラマ、推しドラマについての熱弁を大公開!

<座談会メンバー>

●折原みと 週刊女性12月3日発売号から、月1での漫画連載「皇后雅子さま〜笑顔輝くまで」が始まりますので、ぜひ読んでください!

●上田倫子 代表作は『リョウ』『月のしっぽ』『裸足でバラを踏め』など。『蘭と葵』が、来年2月よりアプリマンガMeeで新連載予定。

●なかはら・ももた ツイッターで自分が朝ドラのヒロインになったつもりで毎朝、漫画を上げています! アクセスしてみてください。

■ドラマとともにキムタク人気も再生するといいな



──オリジナル作品が目立つ今期。3人が注目したのは、天才シェフが三つ星を目指して奮闘する木村拓哉主演『グランメゾン東京』(TBS系)。

上田倫子(以下、上田) 始まる前は“もしもキムタクがシェフだったらドラマ”かと思ってましたが、始まったら面白いドラマの方程式が詰まっていて、とても面白い!

折原みと(以下、折原) 『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で「BISTRO SMAP」を長年やっていたので、料理をする手つきがさまになってる。説得力があって、いい役がようやく巡ってきた。

 鈴木京香はじめ脇役もいい。すごく安定感があって、キムタクの相手にハマっている。シングルファーザーがキュンとくる、ミッチー(及川光博)も最高です!



なかはら・ももた(以下、なかはら) 料理が美味しそう。グルメドラマでは、初めてと思うくらい料理の数が多い。

上田 キムタクが、美味しいと上を向いたり、脇に手を入れるシェフポーズなどモノマネできそうなことをいっぱいしてくれる。

なかはら お客さんで香取(慎吾)君とか草なぎ(剛)君、ワインの好きな(稲垣)吾郎ちゃんに出てほしい。

折原・上田 いいね!

折原 SMAP解散で、嫌われ者になったキムタクの置かれた状況と、今回の役が似ているけど、ドラマとともにキムタク人気も再生するといいなと。



■“恋愛あるある”を言われても……



 月9の『シャーロック アントールドストーリーズ』(フジテレビ系)は、ディーン・フジオカが、やっと無国籍ゾーンにハマった。



上田 ディーン様を愛でる環境ビデオのようなドラマ。ディーンの立ち居振る舞いがステキで、女に興味のないキャラというのもブラボー!!

折原 謎解きよりディーン、岩田剛典、佐々木蔵之介と美しい男性3人のドラマで、余計な女が出てこないぶん、雑味がなくていい。

なかはら 脚本家の井上由美子さんは“男のドラマ”を描くのがうまい。映画『記憶にございません!』のディーンもよかったです。

上田 『モトカレマニア』(フジテレビ系)は、妄想シーンとかあって“逃げ恥”を目指したのかな?

折原 コメディーなので、高良健吾より吉沢亮みたいなキラキラ系若手のほうがハマっただろうし、新木優子も頑張っているけど、『白衣の戦士!』(日本テレビ系)の中条あやみと同じ匂いがする。

上田 ガッキー(新垣結衣)だったらもっと見れた。“恋愛あるある”を言われても、(ヒロインが)きれいだし次の相手が見つかるんじゃん!

 勤め先の不動産会社の看板犬・黒柴のチロリアンは可愛くてたまらない。

折原 誰が世話しているのか気になる! みんな帰って、ひとりだったらかわいそう。

『スカーレット』(NHK)にも犬が出てきたとき、気になったけど。

なかはら チャウチャウ犬のゴンですね。戸田恵梨香演じるヒロインが女中として働く家の前で毎回ウンチするもんだから、SNSで“飼い主のあの女が許せない”ってバッシングされてました。毎回、登場する三毛猫のほうが絶対しているのに……(笑)。

折原 『スカーレット』は、前作の『なつぞら』と違って、全然キャラがブレていないのがいい。脚本の違いかな。役者も地味っていわれるけど、みんなうまい。面白いから1日に3回見ることもある。



上田 5キロ体重を増やして役作りした戸田も18歳に見えます。

折原 戸田が、興奮して顔を紅潮させるシーンを見て、本当に、役に入っているんだと思えた。

なかはら 今回の朝ドラは、セリフのやりとりではなく、目線だけで“あの子、恋してるんじゃない”と伝えている。朝ドラは朝の忙しい時間帯に見るので、いつもはセリフや語りで説明するけど、じっくり見ている人向き。しっかり見ている人には、びっくりするほどいいと思える作品。

 行間を描いたものでは『G線上のあなたと私』(TBS系)が、いくえみ綾先生のマンガの間と一緒。見事に実写化されていて、私は推し。



上田 松下由樹演じるおばさんキャラが主役に入っているのが新しい。喪失から再生は『凪のお暇』(TBS系)と似ている話だけど“凪”ほどグッとこないのはなぜ?

なかはら いくえみ先生はわかりやすく描いていない。第3話の波瑠と中川大志が居酒屋で酔っ払っている演技から、その後のラストシーンまで震えるほど素晴らしかった。

折原 ふたりの“シャッタードン”が見せ場なのはわかるけど、あざとすぎてグッとはこなかったなあ。

■福士蒼汰の設定に難アリ?



 禁断の恋を描いた『4分間のマリーゴールド』(TBS系)は、料理男子を好演する横浜流星と柴犬を愛でてます。

上田 福士蒼汰演じる救急救命士が“手を触れると相手の死が見える”というのは少し盛りすぎじゃない……。



なかはら 福士、横浜、桐谷健太ときょうだいを演じるのは、顔立ちがシュッとしている菜々緒じゃないと釣り合わない。(義弟役の)福士とだけじゃなく、(実のきょうだい役)桐谷や横浜との禁断の関係もあるかも……(笑)。

折原・上田 それは、絶対ない!

──日本テレビは、3作品ともオリジナルで勝負。

折原 ゼネコンに同期入社した仲間との10年を描いた、高畑充希主演の『同期のサクラ』(日本テレビ系)は、すごく好き。橋本愛との掛け合いは、見ごたえ十分。充希ちゃんは、何を演じてもうまいな。

上田 会社員のパワハラの擬似体験ドラマのようで、見ていてツラい。

なかはら ワーストにしようと思ったけど、第4話(同期が引きこもりに)を見て好きになった。ただ、脳挫傷で意識不明の状態で寝ているサクラのシーンを毎回、入れるのは、どうかな? と思う。



上田 高畑の演技がサイボーグっぽく見えるのは『過保護のカホコ』(日本テレビ系)と同じチームが作ったから?

なかはら この後、ナチュラルな役をやったら、こんなのもできるんだとギャップ萌えすること間違いなしですね。



■本当にムカつくニート役・生田斗真



折原 ニートが主人公のホームドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系)は、へ理屈をこねる生田斗真の絶妙にイラっとさせる感じが、うまいと思う。

上田 生田の姉を演じる小池栄子のリアリティーのある演技もうまい。



なかはら 本当にムカつくので、主役が岡崎体育とかだったら絶対、見ない(笑)。でも『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の主人公と一緒かな、と。ニート男がハロウィンの回で高級カボチャを転売したいがために、へ理屈をこねてパーティーを中止させるのは、『サザエさん』のカツオのような悪巧み。

 昭和の感じがする、いじわるさや必死さがある。阿部(寛)ちゃんの役にも守っているものに必死さを感じるので、同じドラマを見ているよう。

上田 『──結婚できない男』は、(13年前の)前作を見ていないのですが、阿部ちゃんのキャラが面白くて、誰とくっつくのか、気になって見ています。

折原 面白いけど、あまり前と変わっていない。別にもう結婚しなくていいんじゃん、と。

■一際目立つクレイジーなドラマも



上田 賀来賢人主演の『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(日本テレビ系)は、好きな俳優がいっぱい出ているのに、どう見たらいいのかわからない。すぐケンカするし、拳銃出して撃つ。クレイジーすぎる。

折原 すでにファンタジーだから。昔の『俺たちは天使だ!』みたいのを目指してるのかな?

なかはら 展開が早すぎてついていけない。

上田 『リカ』(フジテレビ系)も、どう見ればいいのかわからない。怖い。“全員、死ねばいい”なんて……、子どもの前で見られません。



なかはら 高岡早紀が絶妙にいい。役の自称28歳にも見えて可愛いし、演技がうまいことに気づきました。

折原 悪女的な役が多いけど、高岡早紀が高岡早紀であるための役が来た、と思えるくらい、好きなドラマ。



■米倉涼子の美しさがピーク!



──『ドクターX〜外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)は、シーズン6も高視聴率。

上田 途中参加で、再放送で第3シリーズを見てからファンになって、一気見したいからDVD BOXも買いました!

折原 どのあたりがハマったの?

上田 大門未知子が手術しか興味なくて、金銭感覚は100円のたい焼きが買えない。すべて岸部一徳が仕切っている。そういう世界観が面白かったし、大学病院の先生たちも個性的で楽しい。



折原 毎シーズン、ユースケ・サンタマリアが演じているようなダメな医師がいて、大門先生が助けるパターン。大門先生がいなかったら、やばい病院だよねって思う。水戸黄門みたいに、パターンが一緒でいいドラマだけど。

上田 米倉涼子の美しさがピークじゃないかと思う。いつかファイナルとかやりそう。

折原 岸部一徳が元気なうちは続くかも?

上田 スピンオフの『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』もよかった。

折原 高視聴率だったしね。いずれ遠藤憲一演じる海老原敬を主人公にしたスピンオフをやってほしい。

上田 “ドクターE”ですね。脇役のキャラが立っているので、いろいろできそう。

折原 見ても見なくてもいいけど、見たら面白いドラマ!

■『おっさんずラブ』は大満足の続編です!



 最後にはずせないのは、田中圭主演『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)。面白かった! はるたん(田中)の可愛さは相変わらずだし、キャプテンの武蔵(吉田鋼太郎)もシブ可愛い。

 牧(林遣都)がいなくなって、相手役が代わるのは心配だったけど、パラレルワールドの話として楽しめました。制服萌えにはたまりません! おっさんずラブシリーズ、医者編とか、警察編とか、やってくれてもいいです(笑)。



上田 CA(キャビンアテンダント)のはるたんは、少女漫画の主人公のようなドジっこ可愛い。副操縦士の千葉雄大には、あざとさと可愛さに気持ちが行き来。

 整備士の戸次重幸のイケメンぶりが好みで、料理をしている姿にうっとりしていたら、まさかのはるたんへの片思いに、大声を出すほどびっくり。キャプテンの片思いぶりもいつにも増してキラキラしてて、大満足の続編です!

なかはら 炎上案件のパラレルワールド化。大好きなはるたんが、また違うおっさんたちに愛されるのは私はあり派です(笑)。しかも戸次さんがものすごく可愛い。気が早いけど、パート3で戸次さんなしなら怒るかも(笑)。

(構成・文/島 右近)

週刊女性PRIME

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ