新木優子、資産100億“お嬢様”役で山崎賢人のターゲットに 『トドメの接吻』出演決定

11月23日(木)5時0分 クランクイン!

新木優子、2018年1月スタートの連ドラ『トドメの接吻』でお嬢様役に(C)日本テレビ

写真を拡大

 女優の新木優子が、2018年1月スタートの山崎賢人主演ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)に資産100億の“お嬢様”役として出演することが分かった。これまで、毎週木曜日にキャストがキス写真と共に発表される「キスリレー」企画の第3弾として新田真剣佑と新木のキス写真、さらに、ある“おぼっちゃま”と口づけを交わそうとする新木を捉えた写真も公開された。 本作は、カネと権力だけを追い求める主人公・堂島旺太郎(山崎)が、“ある女(門脇麦)”のキスにより、何度も死と同じ時間をくり返す様を描く異色のラブストーリー。新木は、旺太郎の人生のライバルとなる御曹司・並樹尊氏(新田)の妹で、兄を慕う一方、さまざまな事件をきっかけに ”クズ男”である旺太郎に心を揺さぶられる社長令嬢・美尊を演じる。

 新木は台本を読んだ当初、「こんなに斬新で新鮮なドラマが始まるんだとワクワクしましたし、同時にそんな作品に出させていただけるんだとすごく嬉しく思いました!」と振り返り、「主演の山崎賢人さんをはじめ、同世代の出演者が多いので沢山の刺激をもらって楽しく撮影が進むといいなと思っています」と、意気込みを明かしている。

 今後、「キスリレー」の最終回として、大手クルーズ会社の御曹司で、幼なじみの“美尊に恋するお坊ちゃま”を演じるキャストが、今月30日に発表される予定。

 日曜ドラマ『トドメの接吻』は、日本テレビ系にて2018年1月より放送。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

新木優子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ