白鵬「軍配に不満」で抗議の立ち尽くし 「大横綱の振る舞いか」角界からも批判

11月23日(木)16時30分 J-CASTニュース

横綱は力士の手本となることが求められるが

写真を拡大

横綱日馬富士による暴行問題で揺れる角界だが、今度は大相撲の土俵上で波紋が広がった。しかも当事者は、今場所「ひとり横綱」となった白鵬だ。

九州場所11日目(2017年11月22日)、関脇・嘉風との対戦で、「待った」が認められず土俵の外に押し出された。白鵬は片手をあげて自ら「物言い」。その後も土俵上になかなか戻らない。ようやく土俵に上がり嘉風が勝ち名乗りを受けた後、今度はその場に立ち尽くした。現役力士の頂点に立つ横綱の態度に、批判が高まった。



NHKアナが「こんなことは、あってはならない」


問題の取組を振り返ってみよう。立ち合い、白鵬は左から「張り差し」に行くが、嘉風は少し遅れてふわっと立ったように見える。すると組み合った瞬間、白鵬は力を抜いて棒立ちになった。ところが行司は「待った」を告げない。嘉風は一気に白鵬を土俵際まで持っていき、寄り切った。


土俵下であっけにとられたような表情の白鵬は、右手を挙げた。「物言い」をつけたようだが、5人の審判は誰も動かない。勝負はついたが、白鵬は抗議のためか、土俵に戻らずアピールを続けた。審判に促されてようやく戻っても、納得のいかない表情。勝ち名乗り後そのまま土俵に立ったまま、弓取り式が始まる直前まで居座った。


嘉風は取組後のインタビューで、「横綱は待ったと思って一瞬力を抜いたけれど、行司さんの『のこった』の声がいつも以上にしっかり聞こえたので、『成立だ』と思って。ああなったら出るしかないんで」と答えた。一方の白鵬は「立ち合いで呼吸が合わなかった。審判にもう1回確認してもらいたかった」と話した。


一見すると両力士とも立ち合いに息が合っているようにも見える。だが11月23日放送の「情報ライブミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演した元小結・旭鷲山は、「自分も待っただな、と思った」と感想を語った。ただ、力士が物言いをつけられるのは控えにいるときだけ。「当事者」である白鵬自身が自分の取組に抗議することはできない。


礼に始まり礼に終わる相撲道。しかも、優勝39回を誇る大横綱の、前代未聞ともいえる土俵上の振る舞いに、NHKの実況アナウンサーは「こんなシーンは見たことがありません...これはいけません。こんなことは、あってはならないことです」と指摘した。



元大関も「潔くない」「横綱は規範」


白鵬の今回の態度には、相撲関係者からも厳しい意見が多い。


元大関・武双山の藤島親方は11月23日付のサンケイスポーツ(電子版)で、「白鵬は潔くない。前代未聞だ」とピシャリ。勝負がついた後の抗議に「まるでだだっ子のようだ」と表現した。また元大関・雅山の二子山親方は22日、ツイッターで、「あくまで私の持論」とことわりつつ、「横綱は模範ですからあの態度をしてはいけないです。潔く認め明日から挽回して頂きたい」と投稿した。


取組の勝負審判のうち山科審判長(元小結大錦)は「お手本になる人がね」、また陣幕親方(元幕内富士乃真)は「ダメだよ、あんな態度は」とそれぞれ述べたと、11月22日付の朝日新聞デジタルが報じている。


11月23日の大相撲九州場所12日目の放送で、白鵬の師匠の宮城野親方(元幕内・ 竹葉山)が報道陣に「白鵬は悪い。注意はしました」と語ったことが明かされた。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

白鵬をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ