2位は愛之助&紀香…芸能界「離婚しそうな夫婦5」

11月23日(木)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


本誌は、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、読者600人にアンケートを実施。《おしどりだと思う夫婦》と《離婚しそうな夫婦》について、200組を超す芸能人カップルから選んでもらった。


その結果は、毎年恒例の「いい夫婦の日 パートナー・オブ・ザ・イヤー」で理想の夫婦に選ばれた顔ぶれが《おしどり》として上位に並ぶ一方、《離婚しそう》には意外な名前もランクインとなった。


■おしどりだと思う夫婦


1位:DAIGO(39)&北川景子(31)


2位:三浦友和(65)&百恵さん(58)


3位:東出昌大(29)&杏(31)


4位:藤井隆(45)&乙葉(36)


5位:ヒロミ(52)&松本伊代(52)


■離婚しそうな夫婦


1位:船越英一郎(57)&松居一代(60)


2位:片岡愛之助(45)&藤原紀香(46)


3位:田中哲司(51)&仲間由紀恵(38)


3位:渡辺謙(58)&南果歩(53)


5位:川﨑麻世(54)&カイヤ(55)


「かつて『おしどり』と呼ばれた夫婦が、あっけなく離婚にいたるケースも決して珍しくありませんし、逆に、結婚当初は周囲から危ぶまれていた夫婦が、時間の経過とともに『おしどり』となることもあります」


芸能レポーターの城下尊之さんが語るように、円満な夫婦関係というのは、まさに「一寸先は闇」……。そこで、城下さんに読者が選んだ「離婚しそうな夫婦」の芸能人について、その“実際のところ”を解説してもらうことに。城下さん自身も4度の離婚を経験しているだけあり、夫婦の分析は鋭くシビアだ。


1位は、今年、世間を大きくにぎわせた船越英一郎&松居一代夫妻。アンケートでも「修復不可能だと思う」との回答が圧倒的に多く、「かつておしどり夫婦といわれていただけに、お互いに許せないことがあったのだろう」という意見もあった。


一方、2位に選ばれた、片岡愛之助&藤原紀香夫妻に、城下さんは首をかしげる。


「この結果はなぜでしょう? 2人はお似合いだと思いますよ。紀香さんはとても努力家ですし、梨園の妻としてよかれと思うことは労をいとわず尽くしています。アドバイザーとしても愛之助さんのことをよく支えていますよ」(城下さん・以下同)


というから世間のイメージは現実と乖離している。美男美女ゆえに嫉妬がないまぜになっているのかも?


3位にランクインしている、渡辺謙&南果歩夫妻は『文春』砲で浮気が報じられたことが大きな理由。アンケートでも「乳がん闘病中のひどい裏切り行為。自分なら許せない」といった主婦の意見が多く寄せられた。


同じく3位の田中哲司&仲間由紀恵夫妻も、田中の浮気報道が記憶に新しいところだが……。「田中哲司さんは、仲間さんに謝罪して元サヤに戻ったという報道があったけれど、今後は相当心を入れ替えないと、次はないと思ったほうがいいのでは」と、読者アンケートでも手厳しい結果が。


3位の両夫婦はいまが正念場といった感じだが、浮気や束縛、性格の不一致といった正念場を乗り越え、新たな境地にいるのが5位の川﨑麻世&カイヤ夫妻。


「この2人は結婚生活の半分くらいは別居しています。一緒に暮らしていたころは、カイヤさんの強い束縛が大変だったと麻世さんもネタにしていましたが、いまはいい距離感になったのでは。別居しても麻世さんはきちんと生活費を入れていますし、最近は、『カイヤにボーイフレンドが20人いて、僕は12番目』なんてネタにするくらい」


というから驚きだ。「おしどり」だろうが、そうでなかろうが、長年連れ添う夫婦の距離感は、はたからは容易にうかがい知れないものなのかも……。

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

離婚をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ