「ジャスティス・リーグ」フラッシュ役・エズラ・ミラー、あふれるハガレン愛「興奮してるぜ!」 映画「ジャスティス・リーグ」ジャパンプレミア2

11月23日(木)12時35分 MAiDiGiTV


 バットマンなどの“アメコミ”界のスーパーヒーローが集結するアクション映画「ジャスティス・リーグ」(ザック・スナイダー監督、23日公開)のジャパンプレミアが20日、東京都内で開催された。来日した“世界最速の男”フラッシュ役のエズラ・ミラーさんと、“人間デジタルデバイス”サイボーグ役のレイ・フィッシャーさんらが出席した。

 「鋼の錬金術師」のコスプレをするほど日本のアニメが大好きというミラーさんは、好きなアニメを聞かれ、「『もののけ姫』かな。(実写映画の)『鋼の錬金術師』が公開すると聞いて興奮しているぜ! (配給が)同じワーナー・ブラザースの映画だから言えた」とちゃめっ気たっぷりに答えた。

 映画は、2016年に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の後の世界が舞台。スーパーマンの死により地球の安全は守られたが、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた。そんな中、表の顔は大富豪でプレーボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマンと、人類に失望してその身を隠し、たった1人で生きてきたワンダーウーマンの2人は、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し、究極のチーム「ジャスティス・リーグ」を結成する……というストーリー。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ハガレンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ