TOKIO、食のこだわり告白 長瀬智也「自分は普通じゃないんだなと…」

11月23日(土)17時14分 マイナビニュース

アイドルグループ・TOKIO城島茂国分太一松岡昌宏長瀬智也が23日、東京・渋谷のNHKで行われたNHKスペシャル「シリーズ『食の起源』〜人類進化が教える“理想の食”〜」(全5回)のスタジオ取材会に出席し、それぞれ食のこだわりを明かした。

TOKIOがナビゲーターを務める同シリーズは、人類と食との知られざる関係を、壮大な進化の視点から解き明かす番組。本当に人を健康で幸せにする“理想の食”は何か、その答えに迫る。

食にまつわるオブジェが飾られたスタジオで取材に応じた4人。この日で全5回の収録が終了したが、城島は「お米や塩などいろんなテーマで、食に関して深く掘り下げている。いろんな最新情報もわかるので勉強になると思います」と魅力を伝え、長瀬は「人間の生き物みたいなところも考えさせられる、何かを感じる瞬間もありました。人類はここまで食に対してわかったという凄みも感じたので、それを楽しんでもらえるんじゃないかなと思います」と語った。

松岡は「人間と食との付き合い方、つながり方が見どころ。第4回でお酒の回がありますが、そのときにゲストで来てくださった萬田久子さんの髪型もぜひチェックしてください。素晴らしいです。素人にはできない。銀座のオーナーママみたい」と萬田の髪型を絶賛。国分は「食育という部分では、大人としてもいろいろと理解した上で子供たちに教えていかなきゃいけない。そのきっかけにもなるような番組にもなっている」と語り、松岡が「父親として」と言うと、「はい」と返した。

自分ならではの食のこだわりを聞かれると、長瀬は「自分なりに好きなものを食べていく中で(他人との)ギャップを感じるときがある。これを食べたいと思って注文したときに、『本当にそれおいしいの?』って言われたり」とギャップを感じる瞬間を打ち明け、「僕もそこで、人から『本当にそれおいしいの?』って言われるものを食べたいと思っていることが自分の食のこだわりなんだと思ったときに、自分の食のこだわりは普通じゃないんだなと思わされた」と語った。

国分は「日本には四季があるので、旬なものを食べるということは自分の中ではこだわっているのかなと思います」と答え、松岡は「この番組をやって感じたことは、いたってシンプルなものが好きということがこだわりだと思いました。おかずで何でご飯、じゃなくて、ご飯に何かをのせて食べるのが好きというのがわかった。ノリなのか鮭なのか、卵なのか…」と説明。城島は「肉と魚の弁当があったら魚を選んじゃう自分がいて、こだわっているというか、ヘルシーな方をとるような傾向に最近は(なっている)」と話した。

「シリーズ『食の起源』〜人類進化が教える“理想の食”〜」は、総合テレビにて2019年11月から2020年3月にかけて全5回放送。「シリーズ『食の起源』 第1集『ご飯』 健康長寿の敵か? 味方か?」は、11月24日(21:00〜21:49)放送。

マイナビニュース

「TOKIO」をもっと詳しく

「TOKIO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ