『女性が選ぶ理想の“オトナ女子”』 石田ゆり子が圏外から首位に大躍進

11月23日(木)8時40分 オリコン

『第2回女性が選ぶ理想の“オトナ女子”ランキング』 で首位に輝いた石田ゆり子(C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 価値観が多様化する現代において、“自分らしく素敵に歳を重ねること”を目標としている女性は少なくないはず。そんな女性たちのロールモデルとなりうるのが、テレビや雑誌などで活躍する有名人の存在。そこで、10〜50代の女性を対象に「理想のオトナ女子」をテーマにアンケートを実施。第2回目となる今回は、前回とは一味違った“オトナ女子”たちがランクインした。

■癒やしの笑顔と品の良さで人気急上昇の石田ゆり子が1位に

 1位に選ばれた【石田ゆり子】(48)は、昨年圏外から堂々の首位を戴冠。1988年に女優デビューを飾り、1993年放送のドラマ『彼女の嫌いな彼女』(日本テレビ系)でドラマ初主演。1997年の主演ドラマ『不機嫌な果実』(TBS系)では、不倫に溺れる主人公を演じ、話題をさらった。また同年公開のアニメ映画『もののけ姫』では、ヒロインである”もののけ姫”サンの声を演じるなど、多彩な活動を行ってきた。さらに昨年10月期の連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)では、主人公・みくり(新垣結衣)を見守る伯母の土屋百合を演じて人気が再燃。落ち着きと気品のある “オトナ女子”を体現した演技で知られ、CMでも「お疲れさま」と働く人々を癒す『キリン ファイア』など、その変わらぬ魅力や年々増す可愛らしさで魅了した。

 ユーザーからは「かわいらしくて、柔らかい雰囲気のあるオトナの女性だから」(愛知県/40代)、「石田さんのような笑顔が素敵な女性に憧れるから」(福岡県/30代)など柔和な笑顔で周囲を癒やす姿を評価する声が多数。現在は月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)で、やはりヒロインを見守る役柄を演じており、「品があり、かわいらしく、きれい」(香川県/40代)、「落ち着きがあり、品があるから」(兵庫県/30代)と気品ある彼女の姿勢を称える声も多かった。さらに、「優しそうな雰囲気が好き」(愛知県/10代)など若年層からの支持も急上昇。昨年圏外からいきなり1位に急上昇という結果も頷ける。

■圧倒的な存在感で“理想のオトナ女子”の王道を行く天海祐希

 昨年の首位だった【天海祐希】(50)は、今年は2位という結果に。宝塚時代の男役トップスターを経て、これまでに刑事役、弁護士役、教師役など、さまざまな“キャリアウーマン”を演じ、働く女性たちを鼓舞してきたのは周知の事実。今年はドラマ『緊急取調室 シーズン2』(テレビ朝日系)で緊急事案対応取調班(通称・キントリ)の真壁有希子刑事を再び熱演。また映画『恋妻家宮本』では、阿部寛と熟年夫婦役を演じ、映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』では、広瀬すずらが演じるチアダンス部を導く熱血講師役に扮し、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の吹き替えも参加するなど多方面で活躍した年でもあった。常に自分を磨くことを忘れない姿に「スマートでかっこいい理想の大人の女性像そのものだから」(滋賀県/10代)「常識もあり姉御肌でもあり美しさもありバイタリティーもあり完璧!」(長野県/40代)の声があった。

 一方、ドラマで見せる“強い女性”の印象とは裏腹に、バラエティ番組などではチャーミングな一面も披露し、そのギャップに魅了される女性たちも多い。偶然にも今回のツートップである天海と石田出演の単発バラエティ『スナックあけぼの橋』(フジテレビ系)では、天海がママ、石田がチーママとして俳優たちをもてなすなど、気さくな素顔も見せてきた。そんな姿に「落ち着きとユーモアもある感じが素敵。自分をしっかり持っていて余裕がある感じも理想」(静岡県/30代)など大絶賛。「発言も立ち姿も、男前で、カッコいい。自立した、大人の女だと思う」(東京都/50代)など、”女性が憧れる女性”として盤石の強さを見せている。


■大人の色香と飾らない素顔のギャップが人気の吉瀬美智子

 3位の【吉瀬美智子】(42)は、2014年放送のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)で不倫に溺れる主婦を演じて大反響を巻き起こす中、2016年10月に次女を出産。今年仕事復帰を果たし、5月には「ビューティーミューズ大賞2017」を受賞。産後にランニングマシーン、ホットヨガ、骨盤調整などに励み、「これ以上ないのではないかというくらい、いろいろ試しました」と振り返るほどのたゆまぬ努力でダイエットに成功。早くも『ブランケット・キャッツ』(NHK総合)、『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)と連ドラ2作に出演するなど精力的に活動した。大人の色香をたたえた妖艶な姿に「落ち着いた雰囲気とどこか影のあるセクシーな表情が魅力的」(大阪府/30代)と賛美の声があった。また「あんな綺麗な大人の人になりたい」(鹿児島県/10代)と、若い世代から憧れられる存在でもあるようだ。Twitterも頻繁に更新して飾らない素顔を明かしており、「静かで優しいけれどギャップがある」(東京都/20代)という声も挙がった。


■それぞれの“ライフステージ”で活躍する女性たちがランクイン

4位は昨年圏外からランクインの【井川遥】(41)。サントリースピリッツ『角ハイボール』のCMなどで一躍”オトナ女子”としての人気を確立。今年はファッションブランドのプロデュースも手掛けたほか、相葉雅紀主演の『貴族探偵』(フジテレビ系)、櫻井翔主演の『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)と嵐メンバーによる主演ドラマに出演した効果なのか、10代人気では1位を飾り、「ドラマ『貴族探偵』でそう思ったから」(長野県/10代)、「できる大人という感じがするから」(静岡県/10代)などの声が。もちろん彼女と同世代からも「落ち着いていて優しさも品もあり素敵だと思います」(千葉県/40代)と支持されている。

 6位の【米倉涼子】(42)は今年、5年ぶりにニューヨーク・アンバサダー劇場でブロードウェイミュージカル『シカゴ』に出演し、日本凱旋公演も披露。もちろん現在、ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)が高視聴率を記録しているのも周知の事実。そんな彼女に「さばさばしていて性格が良さそう」(東京都/50代)、「大人っぽいけど自分がしっかりあっていつでも楽しそうだから」(埼玉県/20代)と羨望の眼差しで見ている女性が多かった。

 7位の【安室奈美恵】(40)はデビュー25周年を迎えた今年、2018年の9月16日をもって芸能界を引退することを発表して話題に。オールタイム・ベストアルバム『Finally』もミリオンヒットを飾った。「小さい頃からの永遠の憧れ」(東京都/20代)、「いつまでも素敵だから」(大阪府/30代)など、長年彼女を見守るファンからの熱烈な支持が集まった。

 容姿だけでなく、ライフスタイル、人柄まで含めて、”オトナ女子”としての美学を貫いている女優、歌手たちがランクインした今回のランキング。未婚・既婚に関わらず、たゆまぬ努力による自分磨きで、内面から出る美しさを醸し出している女性が高評価を得ているようだ。また、年相応の強さ、たくましさを持ち合わせながら、女性らしい天真爛漫さや癒やしの笑顔で周囲を明るくすることも、“オトナ女子”の必須条件のようだ。

【第2回 女性が選ぶ理想の“オトナ女子”ランキングTOP10】
1位 石田ゆり子
2位 天海祐希
3位 吉瀬美智子
4位 井川遥
5位 篠原涼子
6位 米倉涼子
7位 安室奈美恵
8位 吉田羊
9位 松嶋菜々子
10位 小泉今日子

【調査概要】
調査時期:2017年11月6日(月)〜11月12日(日)
調査対象:計500名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の女性)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

オトナ女子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ