EXOカイの主演ドラマ『春が来た』主題歌&コメント入り120秒映像公開

11月23日(木)18時0分 オリコン

EXOカイが主演するWOWOW『連続ドラマW 春が来た』(2018年1月13日スタート)場面写真(C)WOWOW

写真を拡大

 韓国出身の男性グループ・EXO(エクソ)のメンバー、カイが日本のドラマに初主演するWOWOW『連続ドラマW 春が来た』(2018年1月13日スタート、毎週土曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)の場面写真が公開された。EXOによる主題歌「Lovin' You Mo'」が入った120秒のスポットも、24日午後6時にリニューアルオープンする公式ホームページで公開される。

 同ドラマは、日本を代表する脚本家・向田邦子(1929−81年)が、“家族の再生”をテーマに著した短編「春が来た」を現代に置き換え、オリジナルストーリーを加筆、再構成。デパートの下着売り場に勤める販売員で、家族4人で暮らしている岸川直子(倉科カナ)が、ひょんなことから、ひとりの韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイ)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在が直子とその家族を少しずつ変えていくストーリー。

 公開された場面写真は、いずれもカイ演じるジウォンを映したもので、さまざまな表情を見ることができる。主題歌入りの120秒スポット映像は、桜並木を歩くジウォンと直子の姿からスタート。直子の妹・順子(古畑星夏)、母・須江(高畑淳子)、父・周治(佐野史郎)がそれぞれが抱える葛藤と再生の兆しを垣間見せていく。

 「ラブストーリーがあって、家族の愛があって、いろいろなものが集まったドラマです」と語るカイ。「カイ君がいるだけで現場が明るくなる。生きる原動力になるドラマ」(倉科)、「カイさんは一陣の涼風」(高畑)、「向田邦子さんのドラマをずっと観て育った」(佐野)とそれぞれが作品の魅力を語るインタビューの一部も盛り込まれている。

 放送に先がけ、12月8日からWOWOWメンバーズオンデマンド限定で、メイキング番組『The Making of 春が来た』の配信が決定。毎週金曜日に全10回にわたって配信される。メイキング番組では、本読みから、クランクイン、クランクアップまで撮影現場に密着。カイが初めての日本で前代未聞のドラマ主演として役作りに取り組む様子や、キャスト、スタッフとコミュニケーションをとりながら現場の空気を作っていく様子を見ることができる。

■公式ホームページ(11月24日午後6時にリニューアル)
http://www.wowow.co.jp/dramaw/harugakita/

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ